プライオリティクラブの上級会員資格の達成基準が変更 - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

プライオリティクラブの上級会員資格の達成基準が変更

インターコンチネンタルホテルやクラウンプラザホテル、ホリディインホテルなどの会員制プログラムであるプライオリティクラブ。

そのプライオリティクラブの会員レベルのプラチナエリート会員になるためには、通常年間宿泊数が50泊以上または60,000ポイントの獲得がひつようです。

50泊は普通ではとても宿泊することは出来ず、ポイント60.000もボーナスポイントが付いたとしてもそれなりに宿泊しないと到達することが出来ません。


そのプラチナエリート会員に今までは宿泊しなくてもなることが出来ました。

今後は宿泊したポイントしか会員資格のポイントにしかならないようです。

今までは宿泊しなくてもポイントが60.000ポイントに達成した時点でプラチナエリート会員になります。

たとえば、プライオリティクラブで1年間に40.000ポイントまで購入することが出来ます。

インターコンチネンタル アンバサダーに入会すると5.000ポイントがもらえます。

残りの15.000ポイントはポイントをプレゼントすることも出来ますので、家族の名前で会員になり、不足分のポイントを購入し、必要な分を移行すると60.000ポイントになります。

もちろん宿泊もすると思いますのでそれぐらいは問題ないと思います。


プライオリティクラブのポイントの使用方法としてポイントブレイクもありますのでタイミング的に宿泊が取れると十分メリットはありました。

今後はポイントの購入や移行では上級会員資格のポイント対象外になります。




それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    人気ブログランキングへ



ありがとうございました。






関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/1503-7216a899