リーマン・ブラザーズ 破産法適用申請 - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

リーマン・ブラザーズ 破産法適用申請

リーマン・ブラザーズは15日、会社更生手続きの適用を申請したとのことです。

米証券4位のリーマン・ブラザーズの破綻でアメリカの金融業界全般に影響が考えられます。

シティグループなどもサブプライム問題で巨額損失を出していますので、今後どうなっていくのでしょうか?

以下に記事を抜粋しています。





米国の低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンの焦げ付き危機に伴う信用不安などの影響で、同社は2・四半期連続で大幅赤字を計上、経営破綻(はたん)に追い込まれた。

 1850年設立の老舗リーマンの破綻は米金融業界全般に大きな動揺をもたらし、世界の金融市場に深刻な影響を与えるのは必至。サブプライム問題で傷ついている米金融業界では、破綻が連鎖する可能性もあり、米国は戦後最悪の金融危機に直面した。

 リーマンは、住宅ローン債権や商業不動産などへの関連投資で巨額の評価損を計上。今月10日には、不動産関連投資の大幅圧縮や業績好調の投資運用部門の売却など、経営再建策を発表したばかり。しかし、頼みの綱だった韓国金融機関との増資交渉が決裂。財務状況の抜本的な改善が見込めないまま、株式市場で売りを浴び続けた。

 事態を憂慮した米政府、連邦準備制度理事会(FRB)は12日以降、欧米の主要金融機関の首脳らをニューヨーク連銀に集めて救済策を早急にまとめるよう要請。米大手銀バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)や英金融大手バークレイズなど複数の金融機関によるリーマン買収の可能性を探った。しかし、民間金融機関が求めた公的資金投入を政府側が拒否。最後まで折り合えなかった。
関連記事
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/167-65f588ca