ルフトハンザ航空でプレミアムエコノミー席を発表しました - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

ルフトハンザ航空でプレミアムエコノミー席を発表しました

ルフトハンザ航空は、長距離プレミアムエコノミーシートを発表しました。

2年ほど前から計画がありましたがやっと発表になりました。

今回の新シートは最初にボーイング747-8に。

その後、夏の2015年までに、すべての長距離の国際便に搭載されるようです。

プレミアムエコノミーの追加料金は、大西洋横断フライトやアジア線では600ユーロ程度を想定しています。


260306.jpg

新しい座席は、ビジネスとエコノミークラスの間に別々空間としてプレミアムエコノミーコンパートメントに配置されます。

プレミアムエコノミーは、航空機の種類に応じて、21から52の間の座席になると思います。

座席には、横幅が最大3センチメートル広いことと、それぞれが独自の広いアームレストとシートの間にセンターコンソールを持っており、シートの間隔はエコノミークラスの約10センチメートル広くなっています。

2603061.jpg

プレミアムエコノミーは

ウェルカムドリンク、独自の水ボトルだけでなく、その席での実用的なトラベルアクセサリーで高品質のアメニティキットを用意。

食事は「新しいトラベルクラスに見合った、磁器の食器で提供

前の座席に、独自のタッチスクリーン·モニタを使用した大規模な機内エンターテイメントプログラムをナビゲートすることができます。

同様に、ビデオゲーム用のコントローラとして機能するリモコンを用いて行うことができる

。画面は、航空機の種類に応じてエコノミークラスに比べて少なくとも2インチ大きな11〜12インチ(28〜30センチメートル)、になる予定です。

他の航空会社もそうですがプレミアムエコノミー料金以外の上級会員の利用も無料でアップグレードできるようになると思いますが、スターアライアンスのゴールド会員やいろいろな部分で提携の深いユナイテッド航空の上級会員などの対応や料金がどうなるか、今後の発表を注意したいと思います。




それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ



ありがとうございました。


Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】
関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/1993-02d1fe3d