デルタ航空のスカイマイル 日本からの発着便もマイル変更 - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

デルタ航空のスカイマイル 日本からの発着便もマイル変更

デルタ航空のスカイマイル 日本からの発着便もマイル変更

先日、デルタ航空のスカイマイルの定型航空会社の特典航空券に必要なマイル数が引き上げられていることをアップしました。


デルタ航空の提携航空会社のパートナー特典のマイル数を変更



デルタ航空は特典チャートがないのと状況によってマイル数が5段階に変化するため通常でも適正なマイル数を把握することが難しく、必要マイル数が引き上げられても告知されることがないので把握することが難しいマイレージになります。

前回、調べたときはイタリアからアメリカに向かう際のマイル数が引き上げられていましたので、その事に気がつきました。

そして、日本発着便に関しても変更さているようです。

成田空港からアメリカ向けのマイル数を調べてみました。

デルタ航空を使用した特典航空券に必要なマイル数に変化はないようです。

また、提携航空会社であってもエコノミークラスのマイル数に変化はないようです。

日本からアメリカに向かう場合にスカイチームの提携航空会社と言えば利用しやすい航空会社は大韓航空になります。

その他はチャイナエアラインなどで他のアライアンスに比べて決して多いとはいえません。

今までの必要マイル数は160,000マイルでした。

今回調べてみると190,000マイルになっています。

スカイマイルの場合、予約状況によってマイル数が変化するのはデルタ航空のみで提携航空会社に関しては固定マイル数になります。

なので30000マイルの増加になります。

ちなみにJALの場合、アメリカ行きのビジネスクラスでインターネット限定の曜日指定にはなりますが85000マイル。

曜日指定でなくても100000マイル。

キャセイパシフィック航空でも香港経由やJALの直行便を使っても145000マイルになりますので190000マイルは非常に多いマイル数です。

デルタ航空の場合は500マイルキャンペーンで国内の航空会社に搭乗した場合はLCCを含めて片道500マイルがもらえるキャンペーンを行っていますが、メインのマイル積算方法はクレジットカードになると思います。

そうなるとマイル価値が同じになりますので、デルタ航空のスカイマイルに関してはJALの約半分になります。

デルタ航空のみで特典航空券を予約する際にもマイル数は割高になりますので、積極的につかうマイレージプログラムではないと思います。






それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字
関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/3616-9e0188cb