飛行機に預けてスーツケースが破損したときの対応 - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

飛行機に預けてスーツケースが破損したときの対応

スーツケースを飛行機に預けた場合に破損することがあります。

空港におけるスーツケースの扱いは雑なので破損することも多いと思います。

その他に空港内でTSAによるスーツケースのチェックをする際にファスナーが壊れたり、突起部分が破損することなどもあります。

今回はスーツケースを預けた際に破損したときの対応を記載します。

スーツケースの保証に関しては航空会社は基本的に保証してくれません。

なのでスーツケースの保証に関しては旅行する際に加入する旅行傷害保険かゴールドのクレジットカードなどに付帯する旅行傷害保険を使うことになります。


旅行の際に加入する保険として旅行傷害保険があります。

この旅行傷害保険は病気やけがなどの保証の他に携帯品に関する補償がついていますがスーツケースの場合はその中の携帯品の保証が適応になります。

携帯品侵害補償に関しては保険会社毎に免責になる金額や保証金額などに若干の違いはありますが、スーツケースの保証に関しては金額が少ないため気にするほどの差はありません。

クレジットカードに付帯する携帯品侵害補償も基本的に加入する携帯品侵害補償と同じになります。


しかし携帯品侵害補償が適用されない場合がありますので注意が必要です。

TSAがアメリカの空港で預け入スーツケースをチェックすることがあります。

その際に鍵を壊されたり、ファスナーが壊れていても保証の対象にはなりません。

TSAがチェックしたかどうかは中を確認すると1番上や目立つところに書類がありますのですぐわかります。

ただし、この点に関しては自己申告なので保険会社はわからないと思います。

もう1点は突起物のキャスター、ストラップ、フックやファスナーの金具部分、名札、ベルトなどの破損も保険適用外です。

ベルトなどは壊れるというよりもなくなることも多いです。

それでは実際に破損した状態でスーツケースが出てきたときの対応です。

必ずスーツケースを受け取ったらチェックをします。

その際に気がつかなければ預けたときに破損したことを証明できなくなります。

破損していたら一目でわかるので時間もかかりません。

もし、チェックを怠ると航空会社によっては対応してくれる会社もあるかもしれませんが、手続きが面倒になります。

破損を発見したら航空会社から証明書をもらいます。

日本でも海外でも荷物の受け取りエリアには必ず航空会社のカウンターがあります。

例えば成田空港や羽田空港ではJALやANAのロゴがありますので、すぐわかると思います。

JALやANA以外に搭乗していた場合でもアライアンス毎に対応してくれます。

例えばロサンゼルスからアメリカン航空に乗って帰国した場合にスーツケースが破損していた場合はJALのロゴがあるカウンターで対応します。

アライアンスがわからない場合はカウンターで確認するとわかります。

カウンターにスーツケースを持って行くので破損の申告は簡単です。

証明書などを記載してもらえます。

ここからは日本での対応になります。

海外の場合は修理ではなく、すぐ保険会社に提出する書類を作成して渡してくれます。

スーツケースの場合はどういった状況でも修理をする対応になります。

証明書と発送伝票(もしくは送り先住所)をもらって発送します。

破損の状態でそのまま帰宅できる場合は、帰宅後に発送します。

そうでない場合は空港から発送です。

そしてスーツケースを発送して連絡を待ちます。

ただ、今までの経験ではどんな内容でも修理不可の連絡が入ります。

それはファスナーでも取っ手でも対応は同じです。

正直、この手続きが必要かは非常に疑問ですが、手順を踏むためには発送と若干の時間は必要になります。

そして、修理不可の連絡が入ります。

証明書などは修理業者に渡していますのでその返却を依頼して、壊れたスーツケースは処分してもらいます。

ここからが保険会社に連絡します。

受付のフリーダイヤルに連絡して、経緯を話します。

TSAのチェックを受けていないか聞かれますので、受けていないと答え写真の有無を聞かれます。

写真に関しては修理業者が書類を返却するときに何も言わなくても添付してくれますので、その写真を使います。

もし、不安な場合は写真を撮っておくことをお勧めします。

必要書類が送られてきますので、その書類に記載して、修理業者から送られた書類一式、入出国を証明できるEチケットの控えかパスポートの入出国の日付のあるページのコピーを添付して送ります。

書類に不備がなければ1週間程度で指定した銀行に入金になります。



その際の金額は免責の例えば3000円を除いて1年以内なら全額。

それ以前の場合は1年ごとに10%程度減額されます。

購入時期や購入金額に関しては必ずしも証明する必要は無く自己申告で対応してくれます。

スーツケースの破損はないことが1番ですが、もし万が一破損した場合はきちんとした手順でスムーズに対応出来ると思います。





それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。


関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/3732-99bccbae