ユナイテッド航空がまた - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

ユナイテッド航空がまた

以前に機内から引きずり出された医師のこのことが世界的に話題になったユナイテッド航空。

それ以前にもそれ以降にも小さな事件がありましたが、今回の件もちょっと理解が出来ない出来事が起こりました。


その出来事というのは海外のニュースにもなっていますが座席を2席確保している親子がヒューストンからボストンまでの飛行中に3歳に近い2歳の子供を膝の上に乗せて搭乗させられたという事です。


この母親はシャーリー・ヤマウチといってハワイからユナイテッド航空を使って、ヒューストンを経由してボストンへの旅行のために、2座席をそれぞれ約1,000ドルのチケットで購入していました。

ヒューストンにて親子で搭乗した際に後から男性が子供の座っている席は自分が座る座席になっていると言われたので、お互いのチケットを確認すると同じ座席番号が印字されていました。

その事についてキャビンアテンダントに確認したが肩をすくめて、飛行機が満員だと言い、子供を膝の上にのせて座席を空けるように言われたと言うことでした。

シャーリー・ヤマウチさんは最近のユナイテッド航空の問題(例えば、医師が席から強制的に引きずり出された4月の事件など)のために、それ以上の抗議が出来ず、飛行機は3歳近い子供を膝の上にのせて出発しました。

本来であればチケットを購入しているので何歳であろうと座席は子供のものであり、他の乗客に譲る必要はありませんでした。

またユナイテッド航空の規定では2歳以上の子供は必ず座席を確保するように規定ではなっています。

この件についてユナイテッド航空の広報担当者は、「ヒューストンからボストンへの飛行で、子供の搭乗券を不正確にスキャンした。

その結果、システム上、子供の座席はチェックインされていないようになり、スタッフは席を別の顧客に座席を解放し、このようになったといってお詫びしています。

シャーリー・ヤマウチさんと連絡を取り、子供のチケットは払い戻され、旅行券が送られることを伝えています。

ただ、この内容では単純にヒューストンからボストンに向かうためにヒューストン航空でチェックインしたのであれば、本来はあり得ませんがまだわかります。

しかし、今回の場合はハワイから乗り継ぎでヒューストンを利用しているので発券されていないこともチェックインされていないことも考えられません。

つまり、これは2歳の乗客は、自分の購入した座席を航空会社側から拒否されたと言うことです。

これは明らかに、現金補償があるので乗客の了承をとらないで搭乗を拒否されたと同じ事です。

そしてユナイテッド航空がこれを一部の地上スタッフの間違いに責任を押しつけるということは、航空会社が問題の原因に対処できずに、今後も同じ状況になり得ることを意味しています。

ユナイテッド航空のウェブサイトでの発券ガイドラインは、「幼児が2歳になると、購入した航空券を持って座席を確保する必要がある」と記載されていますが、今回の件が問題なければガイドラインを変える必要があります。

今回の件でシャーリー・ヤマウチさんは保証内容について納得はしておらず(お金の問題では無いと思います)、子供がいなければ強く抗議していたと言っていますが、抗議しても取り合わないことが予想されます。







それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字
関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/3743-5e99c648