アメリカン航空のロサンゼルス便機内食について - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

アメリカン航空のロサンゼルス便機内食について

今回、11月2日にロサンゼルスから羽田空港行きの便に搭乗しました。

前日にアメリカン航空より電子メールが届いて英文でしたが

ロサンゼルス国際空港(LAX)でのケータリング会社のサービス使用を停止しまのでロサンゼルス空港からの食事に影響がある可能性があります。との内容でした。

それは数日間続く可能性があるとのことで、影響を受ける可能性のある搭乗予定者に送られたメールでした。

実際に搭乗しましたがロサンゼルスからの便はフライト時間が12時間前後になり、通常の食事はフライト直後から始まる食事と6時間くらい後に軽食でサンドイッチとスナック、到着1時間前くらいにもう1回食事があります。

今回の食事はフライト直後の食事は通常通りでしたが、6時間くらい後の軽食サンドイッチとスナックはありませんでした。

到着1時間前の食事に通常の食事では無くサンドイッチとスナックが配られました。

通常ロサンゼルスからの帰国の際には機内で食事はとらないので個人的には影響はありませんでした。

昨日発表されたLAタイムズの記事によるとケータリング会社からリステリア (Listeria) が発見されたと言うことです。

リステリアによる食中毒の報告例は日本では無いので一般的には知られていませんが、リステリア感染症の推定患者数は年間200人程度とされています。

リステリアに感染して重症化することはまれです。

食品由来によるリステリア症は、年間100万人あたり0.1~10人となります。

発症件数の低い菌なので危険性は少ないとは言え、食事を扱う企業にとっては注意が必要になります。

今回、ケータリン会社の発表を受けて航空会社の対応も様々だったようです。

アメリカン航空のように食事の回数や内容を変えて、そのケータリング会社のものを使用しない航空会社もありましたが、新聞によるとデルタ航空をはじめ多くの航空会社がそのまま使用したそうです。

安全面から考えるとアメリカン航空の対応が正しいと思いますが、12時間のフライトでの食事量を考えると少ないと思います。

当面の間このような状態が続くことも考えられるので、ロサンゼルスからの帰国の際には軽食などを自分で用意した方が良いかもしれません。



それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/3918-6cfd222c