アメリカの航空会社マイレージプログラムの比較②最上級会員の比較 - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

アメリカの航空会社マイレージプログラムの比較②最上級会員の比較

アメリカの航空会社4社の上級会員に関する比較になります。

今回はトップレベルのステータスになります。

ただしアメリカン航空やユナイテッド航空、デルタ航空の上級会員は4つに別れていてアラスカ航空には3つしかありません。今回の比較では最上級会員とその下の会員レベルアラスカ航空の最上級会員であるMVPゴールド75Kを含めます。

達成基準を考えると日本在住の場合、なりやすいのがユナイテッド航空、デルタ航空、アメリカン航空、アラスカ航空(利用状況により、アメリカン航空の方が難しいかもしれません)の順番になります。

ユナイテッド航空は4回のユナイテッド航空への搭乗を条件にしていますが10万マイルが到達条件になります。

デルタ航空は12.5万マイルとなりユナイテッド航空よりは多くなります。

アメリカン航空はユナイテッド航空と同じ10万マイルですが、アメリカン航空で航空券の購入が1200USD以上必要なのでハードルが高くなります。

アラスカ航空に関しては9万マイル以上(アラスカ航空のみの場合は7.5万マイル)と他の航空会社と比較すると達成基準は少ないのですが、JALと提携してしているとはいえアラスカ航空で日本路線がないので難しいと思います。

このクラスの上級会員で最も特色があるのがデルタ航空のダイヤモンド メダリオンになります。

デルタ航空のダイヤモンド メダリオンにはチョイスベネフィットの特典を提供すること事が特徴であり、ダイヤモンド会員またはプラチナメダリオンのステータスを持つ会員はチョイスベネフィットとしてエリート特典を選択できます。

プラチナメダリオンは少ない選択肢から1つだけ選択でき、ダイヤモンドメダリオンはより多くの選択肢から3つの特典を選ぶことが出来ます。

これはJALやANAの最上級会員に与えられる特典に似ています。

ダイヤモンドメダリオン会員には

デルタ スカイクラブ メンバーシップ オプション
グローバルアップグレード証書およびリージョナルアップグレード証書
友人や家族の会員に贈与できるゴールド メダリオン会員資格のギフト
200ドル相当のデルタ航空旅行ギフトカード
200ドル相当のTiffany & Co.ギフトカード

などが選択出来ます。

それ以外の特典は若干の違いがありますが4社の特典内容は横並びになります。

若干アメリカン航空のサービスや特典が見劣りするくらいです。

個人的に考えると、このクラスの上級会員で優れているのはユナイテッド航空とデルタ航空になります。

日本からの路線も概ね重複する路線が多く、あとはそれぞれのハブ空港によって選択することになると思います。

ユナイテッド航空は昨年いろいろな問題を起こしていますが、座席の改良やラウンジの改装も順調に進んでいて、より多くのグローバルアップグレード、資格要件の低下、一部のエコノミークラスのチケットのインスタントアップグレード、そして印象的な新しいビジネスクラスキャビンを提供しています。

ただ、残念なことにユナイテッド航空の場合は何回か搭乗しましたが、相変わらず大幅な遅延が多いと感じました。

アメリカン航空は達成基準が厳しい上にビジネスクラスのどの新型シートの導入の遅れやラウンジの改装が進んでいないこと、上級会員にたいする特典の少なさなどから上位2社と比較するとワンランク下になります。







それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。




関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/4008-8f0be02c