ユナイテッド航空のプレミアムエコノミー導入は2018年後半 - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

ユナイテッド航空のプレミアムエコノミー導入は2018年後半

ユナイテッド航空は、ユナイテッド航空のプレミアムエコノミー導入は2018年後半なると告知しました。

アメリカン航空などではすでにプレミアムエコノミーは導入されています。

アメリカン航空のプレミアムエコノミークラスは後発だけあって他の航空会社と比較しても座席やフードは良いと思います。

ただ、搭乗する度に座席に変更はありませんがアメニティがビジネスクラスと同じ時と、それよりも品質が落ちる内容の時。

フードに関してもエコノミークラスと違う食事内容の時と同じ時があり、サービス内容が統一されていないのか出発する空港によって違うのかは判りませんが結構格差があります。

ユナイテッド航空は、今年後半にプレミアム・プラスと呼ばれるプレミアム・エコノミーを導入します。

現在、ユナイテッドはエコノミープラスというクラスがありますが、これは同じエコノミーシートを利用して、エコノミークラスの前方に少し座席の間隔が広いだけで空間もエコノミークラスと同じです。

プレミアムプラスはどこの航空会社でもエコノミークラスとは別の独自のキャビンになります。


アメリカの航空会社は、ANAやJALを初め多くのヨーロッパとアジアの航空会社導入していたプレミアムエコノミーキャビンを導入するのが非常に遅かったと思います。

そしてANAのように上級会員には座席に空きがある場合に(ほとんどのフライトで空きがありますが)エコノミークラスで予約していてもプレミアムエコノミーにアップグレードされたり、JALの様に当日の空きがある場合はフライトの路線毎にマイル数は違いますがアップグレードできたりとサービスの差別化にもなっています。

ユナイテッド航空は、プレミアムエコノミークラスの発表はアメリカ系の航空会社の中でも早かったと思いますが、実際の導入には時間がかかるようです。

実際にポラリスのビジネスキャビンとラウンジも遅れています。

ビジネスクラスを優先するはずなのでプレミアムプラスは更に時間がかかると思います。

これらのプレミアム・エコノミーは、航空会社を選択する一つの要素になっていると思います。

ユナイテッド航空が今後どのようにアップグレードを取り扱うのかは非常に興味深いと思います。

アメリカン航空でも自社の上級会員やワンワールドの上級会員にはアップグレードを行っています。

ユナイテッド航空のマイレージプラスの上級会員はエコノミークラスでもプレミアムエコノミーにアップグレードされるのか?

それは有料化?

マイルでも可能になるのか?

といった疑問点は未だ答えられていません。

ただプレミアムエコノミークラスを導入するとエコノミークラスのスペースと座席数は縮小されます。

エコノミープラスの取り扱いについては判りませんが、アメリカン航空ではエコノミークラスの前方4列前後の座席が他のエコノミークラスと比較して若干広いようなので、もしかしたら少しは残るかもしれません。



それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。




関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/4032-c97ccdb0