JAL 提携航空会社の特典航空券に必要なマイル数が変わります。 - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

JAL 提携航空会社の特典航空券に必要なマイル数が変わります。

2018年11月20日(日本時間)9:00以降の予約から、JMBパートナー航空特典航空券には新しい必要なマイルが適用されます。

2018年11月19日までの変更前は今まで通りの必要マイルになります。

JALはワンワールドの航空会社の他にそれぞれ提携している航空会社があります。

例えばワンワールドではアメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空/キャセイドラゴン航空、フィンエアー、イベリア航空、マレーシア航空、カンタス航空、カタール航空など

独自の提携航空会社ではエミレーツ航空やアラスカ航空、エールフランス航空、バンコクエアウェイズのようにパートナー航空会社もいくつかあります。

特にエミレーツ航空に関しては少ないマイル数でビジネスクラスを利用できることなど、利便性の高い内容でした。

その提携航空会社の特典航空券に必要なマイル数が増加します。

2018年11月20日 9:00(日本時間)より、JMB提携航空会社特典航空券交換時の必要マイル数が変更になります(新規予約が対象)。


古いマイル数と変更後のマイル数は


JAL 提携航空会社の特典航空券に必要なマイル数が変わります。


この表を見ると6,000マイルまでの特典航空券に関しては、各クラスとも同じかもしくは若干少ないマイル数になります。

また、25,000以上の距離に関しては、変更はありません。

6,000マイル以上24,000マイルまでは全てのクラスに関して必要マイル数は増加しています。

例えば

東京~ロサンゼルスまでの距離に相当する10,001-12,000マイルの特典航空券のビジネスクラスに関しては80,000マイルから100,000マイルへ、ファーストクラスでは115,000マイルから145,000マイルになります。

東京~ヨーロッパやアメリカの一部の距離に相当する12,001-14,000マイルの特典航空券のビジネスクラスに関しては85,000マイルから110,000マイルへ、ファーストクラスでは135,000マイルから165,000マイルになります。

JALのマイルは他の航空会社と比較して少ないマイル数で特典航空券を予約することが可能でした。

予約の際には別に燃料サーチャージの徴収がありますが原油価格の安いときにはそれ程負担にはなりませんでした。

変更後は他の燃料サーチャージを徴収しない航空会社と同じような設定になりますのでメリットが減少することになります。

もし、提携航空会社でアメリカやヨーロッパへの旅行を考えている方は変更前までに予約をする必要があります。

JALの特典航空券には今のところ変更の告知はありません。

しかし、日本からはJALを利用しても到着地からさらに乗り継ぎで提携航空会社の飛行機を利用すると必要マイル数は提携航空会社のチャートを基にして算出されます。

つまり、JALの直行便を利用する以外の旅程に関しては、このチャートが適用されます。



それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



関連記事

スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/4220-6e11bbc7