デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスのサービス内容が変更 - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスのサービス内容が変更

2018年6月26日よりデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスのカードのサービスが新しくなります。

日本で発行されているクレジットカードで保有するだけで条件なしで航空会社の上級会員になれるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス。

特にデルタ スカイマイル ゴールドアメリカン・エキスプレスはデルタ航空のゴールド会員になれますので、空港でのチェックインカウンターがビジネスクラスのカウンターを利用できたり、預け入れ手荷物の優遇、デルタ航空のラウンジを利用(デルタ航空の他にスカイチームの航空会社を利用時に)スカイチームのラウンジも利用する事ができます。

そのデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスのカードのサービスが変更になります。

変更は良い点と悪い点に分かれますので悪い点から記載します。

クレジットカードを持っていてもデルタ航空の上級会員になることに対して条件が付きます。

今までは持っているだけで上級会員になれました。

先に記載したようにデルタ スカイマイル ゴールドアメリカン・エキスプレスはデルタ航空のゴールド会員に寝ることが出来ましたが、変更後は年間でクレジットカードを利用した金額によって上級会員のレベルが変わります。



デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスのサービス内容が変更


デルタ スカイマイル ゴールドアメリカン・エキスプレスではクレジットカードを新規に作成した1年間は今まで通りデルタ航空のゴールド会員になれます。

変更点は2年目以降、ゴールド会員を維持する為には年間150万円の利用条件が付きます。

それ以下の場合は150万円以下~100万円まではシルバーシルバー会員、それ以下の場合は一般カインになります。

年間150万円はデルタ スカイマイル ゴールドアメリカン・エキスプレスに公共料金を含めて支払いを集中すると、不可能ではありませんが、他のメインカードを持っている場合は達成条件としては難しくなります。


良くなった点は

家族カードの年会費が1枚無料になります。

家族カードの利用分は基本カードの利用金額と合算になり、デルタ航空のマイルに出来るほかに、サービス変更後はデルタ航空の上級会員を維持する為に役立ちます。


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスのサービス内容が変更1


もう一点の改善点は

海外での利用分ボーナスマイルのマイル獲得率がアップしました。


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスのサービス内容が変更2


日本で発行されているクレジットカードの中では航空会社との提携カードで海外での利用時にマイル級率がアップするものが結構あります。

例えばユナイテッド航空の提携カードでは2倍から1.5倍、キャセイパシフィック航空の提携カードでは2倍などになり、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスの今回の改善で良くなったと思います。


今回のサービス内容の変更で、年間の利用額が問題になってきます。

今まで持っていた方も、年間使用額が難しい場合は解約する方もいるかもしれません。

しかし、デルタ航空のゴールド会員になると、その間に他の航空会社やホテル、レンタカー会社など旅行の際に非常に快適になれる上級会員にステータスマッチが可能になりますので、それだけでも保有する価値はあると思います。

2年目以降は使用状況を考えて保有を考えても良いと思います。


カードについて詳しくはこちら







それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。




関連記事

スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/4223-00f85766