スターアライアンス 2つのエリートレベルが追加になる? - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

スターアライアンス 2つのエリートレベルが追加になる?

スターアライアンス 2つのエリートレベルが追加になる?

今回のシドニーで開催されたIATAのイベントで言われたことがニュースになっています。

その内容はスターアライアンスが共通の上級会員シルバー会員とゴールド会員に加えて1〜2つの新しいメンバーシップレベルを追加するということです。

他のアライアンスと比較するとスカイチームには2つのスカイチームエリートとスカイチームエリートプラスがあります。

ワンワールドにはルビー会員、サファイア会員、エメラルド会員の共通上級会員があります。

どのアライアンスも下の上級会員ではメリットはほとんどありません。

その次の上級会員でラウンジにアクセスできたり預け入れ荷物の優待などの特典があります。

ただしスターアライアンスのゴールド会員やスカイチームのエリートプラス会員はメインで利用している航空会社の最上級会員になっていてもサービス内容は特に変わりません。

例えばANAのダイヤモンド会員の場合(スターアライアンスのゴールド会員)、ANA便に搭乗する場合はANA SUITE LOUNGEを利用することが可能ですがスターアライアンスの航空会社に登場する場合にはビジネスクラスラウンジを利用することになります。

ルフトハンザ、スイス、シンガポール航空には、スターアライアンスゴールド会員が利用できないファーストクラスのラウンジがあります。

この内容で考えるとANAのプラチナ会員(スターアライアンスのゴールド会員)と同じサービス内容です。

一方ワンワールドは3段階に分かれた上級会員で、中間のサファイヤ会員(JMBサファイア)でビジネスクラスの利用は世界のどこの空港でも利用可能で最上級会員のエメラルド会員(JMBダイヤモンド、JGCプレミアが該当)ではファーストクラスラウンジがある場合は利用することができます。

ただし一部の航空会社、たとえばカタール航空を利用する場合はワンワールドのエメラルド会員でも本当のファーストクラスラウンジは利用できず、その為の簡易的なファーストクラスラウンジを利用するようになります。

預け入れ荷物の優待に関してもスターアライアンスの場合は優待内容に違いはありませんが、ワンワールドの場合は搭乗クラスにかかわらず32kgが3個まで預けることができます。

もし、今回のニュースが現実になるのならワンワールドの内容に近くなると思いますので最上級会員のメリットを他の空港でも受けることが可能になります。












それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。




関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/4247-eced49da