JAL、2019年3月31日から成田=シアトル線を開設 - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

JAL、2019年3月31日から成田=シアトル線を開設

JALは、2019年3月31日から東京成田空港とシアトル線を開設すると発表しました。

ボーイング787-8を使用して、以下のスケジュールで運航します。

JL68 東京成田 午後6時00分出発 シアトル午前11:00到着

JL67 シアトル 午後2:20分出発 東京成田午後4時30分(+1日)到着


座席の内容は、ビジネス・クラス38席、プレミアム・エコノミー席35席、エコノミークラス88席で、161席のみの787-8の最新バージョンを使用します。

ビジネスクラスの中でも上位に入るる「JAL SKY SUITE」機材の787-8を投入します。


今回の東京からシアトルの間を飛行する航空会社としてはANAとデルタ航空に続いて、第3の航空会社となります。

また、JALと同じワンワールドに加盟しているキャセイパシフィック航空も香港とシアトルの間の直行便を開始するため、シアトルやその周辺に行く場合の選択肢が増える事になります。


ASIA_NA.jpg


シアトルはさまざまな企業が在籍しているビジネス市場として重要であるだけでは無く、アラスカ航空と提携していることも、JALが就航する利点は多いと思います。

アラスカとJALのパートナーシップにより、シアトルを中心に新しい旅行先が数多く用意されます。


81c96882f7172fb324605153d1dcd88863955c5b.jpg



さらに、シアトルはアメリカで考えるとハワイを除いて日本に最も近い米国の主要年になりますので、旅行先によっては最も効率的なルートで、今まで接続の悪い旅行先にも1回乗り換えでいけるようになるなど旅行の負担を最小限に抑えることができます。

現時点では、この新しい路線はまだ予約可能ではありませんが(航空券の予約・販売開始は、11月5日(月) 14:00を予定しています。)、予約開始時には特典航空券の空きも多くビジネスクラスなど簡単に予約する事が出来ると思います。

基本的にはJALのマイルに積算してマイルを利用する方法が一般的になると思いますがJALのフライトでビジネスクラスの特典航空券を予約する場合は、JALの他にアメリカン航空とアラスカ航空が考えられますがアラスカマイレージプランマイルを使用するのが最良方法の一つになる場合があります。

アメリカン航空の場合には米国から日本または韓国への片道ビジネスクラスの航空券には、6万のAAdvantageマイルがかかります。

また、と東南アジアには70,000 AAdvantageマイル(ただし、24時間以上の途中降機は許可されていません)を利用できます。

一方、アラスカのマイルを利用する場合は、片道航空券で北アジアに60,000マイル、東南アジアに65,000マイルのマイルがかかります。

アラスカでは特典航空券の途中降機も許可されているため、最終目的地への東京の途中降機を行うことができます。

今回の就航で日本からアメリカに向かうJALの路線は6路線目になります。

西海岸ではロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴに続いて4都市目になり、需要もあるので利便性は高いと思います。



それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字
関連記事

スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/4377-7671d030