国内線で威力を発揮するソニー WF-1000x ノイズキャンセルワイヤレスイヤホン - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

国内線で威力を発揮するソニー WF-1000x ノイズキャンセルワイヤレスイヤホン

独立型のワイヤレスイヤホンは各メーカーから新商品が数多く販売されて、市場を賑わしています。

この年末商戦の目玉として新製品が初なされていますので購入を考えている方も多いと思います。

国際線の長距離路線ではバッテリーの駆動時間や寝ている間に外れたときのことを考えると使うのが不安な独立式のワイヤレスイヤホン。

しかし、国内線や短距離の国際線では取り回しが楽なので使い勝手が良いのがこのタイプのイヤホンになります。

その中でもノイズキャンセル機能を持ったイヤホンは非常に少なく代表的なイヤホンとして考えるとソニーのWF-1000xはワイヤレスイヤホン中でも優れた商品の一つになります。


1000x.jpg



その後継機というかバリエーションのちがうWF-SP700Nもあります。

独立型ワイヤレスイヤホンとノイズキャンセリングを両立する商品はノイズキャンセリングで有名なBOSEでも販売していません。

価格も新品でも2万円を切り、中古品の場合は程度にもよりますが1万円前後から購入することができます。

イヤホンで考えるとと購入しやすい価格帯になっています。

このSony WF-1000xノイズキャンセリングブルートゥースワイヤレスイヤホン


パッケージ

ソニーWF-1000xノイズキャンセリングルートゥースワイヤレスイヤホン

イヤーチップは2種類、エクストライヤーチップ(シリコン、スムースの中小、中、大)

マイクロUSB充電ケーブル

ケースは充電器を兼ねています。

説明書


Sony-WF-1000X-Wireless-Earphone.jpg




設計

最初にSony WF-1000x ノイズキャンセリングルートゥースワイヤレスイヤホンを箱から取り出してみた感想は、同じタイプのイヤホンの中ではコンパクトでスタイルも洗練されていることでした。

確かにこのタイプのイヤホンでは人気のApple Airpodsよりは大きいが、BOSEよりも軽く、小さいサイズです。

丸みを帯びた同じソニーのWF-SP700とはデザインに関して意見が分かれると思いますが、コンパクトなのはWF-1000Xになります。

装着性はApple Airpodsのような頼りなさはなく、装着してみると思った以上に安定感があり、普通の使い方では落ちることはなさそうです。

耳にあったカナル型イヤフォンなので音漏れも少なく、ノイズキャンセリングは他のソニー商品と比較すると弱い方ですが通勤の際の電車の音や飛行機の中で視聴すると気にならないレベルになります。


Sony-WF-1000x-Noise-Cancelling-Truly-Wireless-Earphones-Buy-500x375.jpg




特徴

ソニーのWF-1000xの接続に関しては確かに問題はあり、音が途切れて動画などの視聴には耐えられないと思います。

しかし、音楽を聴くときに実際に使用してみると接続優先のモードで視聴していますが聞いている限りそのような問題はなかったので安心しました。

もし接続に問題がある場合でもまだ完全に解決されてはいないようですがSony Connect Appをダウンロードすると、WF-1000xの最新のファームウェアをダウンロードできます。

これにより、ある程度の接続の問題を解決することができます。

Sony Connect Appには、記載する価値のある他の機能がいくつか含まれています。

左イヤホンの小さなボタンでもこれを行うことができますが、ノイズキャンセレーションや周囲のノイズを簡単にオンにすることができます。先ほど記載したようにノイズキャンセラ機能はソニーの他の製品よりも強くないことですが、これは実際にはあまり強いノイズキャンセラ機能は個人的には圧迫感が多少ありますのでWF-1000xのほうが自然に感じられました。

ただし、電車などの場合はそれを程感じませんが飛行機で使用すると機能的に不足な部分を感じます。

さらに、Sony Connect Appには、Adaptive Sound Controlによるスマートリスニング機能も含まれています。この機能は、使っている行動によって歩いているか、座っているかなどを感知し、それらの動きに基づいてノイズキャンセルのレベルを変更します。しかし機能的には素晴らしい物になると思いますが十分に違いがわからず、現状はオフのままにしておくことをお勧めします。

Sony Connect Appには、さまざまなプリセットを備えたEQも搭載されています。プリセットは全体的にかなり良いと思いますが、変更するときにはイヤホンからポップ音が聞こえました。

WF-1000xノイズキャンセリングトゥリーワイヤレスイヤホンのバッテリー寿命は3時間です。(実際は2時間30分程度)2回分の充電を保持する充電ケースも付属しています。充電ケースを持っている場合は最長9時間使用することが出来ます。

なので充電している時間は利用することができないので、サブのイヤホンが必要になります。





低温はすこし薄く聞こえましたが、イヤホンの装着によっても変わりますし、耳の形にフィットしているかによっても違いますので参考程度に。

中音は良いと思います。800Hzカットにもかかわらず、中音域は自然に厚く聞こえます。

高音は細かくこのタイプのイヤホンの中では伸びもあると思います。

最後に、ノイズ除去のために、イヤホンはダイナミックレンジを正確に再現することは難しいのか、ダイナミックな変化(クラシック、ジャズ、インディーズ音楽など)などのジャンルに関してはちょっと見劣りがします。

概要

ソニーWF-1000xワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンは、優れた商品になります。接続性の問題に関する否定的なレビューがあったにもかかわらず、問題はありませんでした。今後もSony Connect Appを介して最新のファームウェアをダウンロード出来るようなので改善していくと思います。もちろんこのジャンルのイヤホンは発売されたばかりなので機能はすべて完璧ではないと思います。

なので音質や接続性、バッテリーなどの問題はあると思いますが、着けていないような装着感は一度試してみると非常なアドバンテージがあると思います。

来年も多くの新商品が販売されると思いますが、現状ではソニーWF-1000xは価格からいっても機能からいっても非常にお勧めです。

WF-1000Xではマイクがありますのでスマートフォンを介して電話の応答ができます。

しかし、こちらでは先方の音がはっきり聞こえますが、こちらの音声は小さくしか伝わらないようです。

WF-1000Xはハンズフリーとして使うには向いていないようです。


アマゾンでのWF-1000Xの販売はこちら

【工場再生品】Sony ソニー WF-1000X Black ブラック イヤホン ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット [並行輸入品]

新品価格
¥13,800から
(2018/10/18 20:54時点)





ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル シャンパンゴールド WF-1000X N

新品価格
¥19,892から
(2018/10/18 20:56時点)






楽天市場でのWF-1000Xの販売はこちら



オークションでの販売はこちら


オークションでの販売はこちら




それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字
関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/4397-7ddedfe5