海外旅行に威力を発揮する翻訳専用機 POCKETALK_W (ポケトーク) - マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

海外旅行に威力を発揮する翻訳専用機 POCKETALK_W (ポケトーク)

翻訳に特化したポケトーク。

翻訳するためには音声による入力で他の言語に翻訳するだけではなく、その内容を音声で読み上げていきます。

翻訳された内容を読み上げる音声は明確で聞き取りやすいと思います。

音声認識は優れていて、簡単な会話であれば誤認識をすることはまったくありません。

ポケトークには旧型と新型のポケトークWがありますので、実際に利用した感想も含めて紹介したいと思います。


ポケトークはクラウドで翻訳するためWi-Fiで接続するかSIMを介してネットに接続する必要があり、その接続方法で2つのモデルに分かれています。



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-0383970189628030"
data-ad-slot="5709640459">



一つはWi-Fi専用で利用するためにはデザリングでスマートフォン経由などで接続する必要があり、もう一つのグローバルSIMを搭載してるモデルがあります。

グローバルSIMモデルは100カ国以上の国で到着後に電源を入れるだけで利用する事ができます。

翻訳はスマートフォンなどがあると翻訳アプリを使って代用することもできますが、海外でのネットワーク確保とコストという問題があります。

ポケトークは翻訳専用機なので機能は特化している分、操作は簡単でマニュアルを見なくても一通りに事はできます。

現地のポケトークがわからない人でも1回、使い方を見せるとすぐわかりますので便利です。

ポケトークは最初のモデルと現行のポケトークWがあります。

今回試したのは旧型のポケトークになります。


PB280146.jpg

パッケージは本体とeSIMになります。

PB280147.jpg

中身は本体とマイクロUSBケーブル、マニュアルと言ったシンプルな構成になります。

PB280149.jpg


本体上部にディスプレーとその下に操作ボタン。

操作ボタンを使って、翻訳する言語を設定して、左右のボタンを押すことによってお互いに翻訳して話すことができます。


PB280152.jpg

裏にはeSIMの挿入部。

eSIMは2年間の使用期間があります。

PB280155.jpg


ディスプレーは小さいのですが、翻訳した内容はテキストで見ることができます。

初期型のポケトークはディスプレーも小さく、タッチパネルでもないので視覚性と操作性で新型のポケトークWよりも見劣りがしますが、クラウドを利用した翻訳は同じなので翻訳精度は変わらないと思います。

読み上げる音声もクリアでボリュームを上げるとうるさいほどの音量もあります。

今の中古市場では1年以上のeSIM利用期間が残っている状態で15,000円前後で販売されていますので安い価格で翻訳専用機をお探しの方にはお勧めです。

ただしポケトークには注意点があります。

海外でポケトークを利用しようとすると日本が表示されなくて利用できなかったと言った意見があります。

ポケトークは基本的にネットに接続して利用する事になり、オフラインの状態では日本の利用はできなくなり英語を始めとした8言語のみが翻訳できる使用になります。

eSIMを使っているのに日本の翻訳ができない原因としては

eSIMを利用していても、電波が届かない場所や電波が弱い場所での利用ではネットに接続ができなくなるため。

もう一つはこのeSIMは1日の利用上限が設定されています。

1日あたりの通信量は100MBが上限となっているので、この容量を超えて利用するとオフラインでの利用状況になります。

もちろんWi-Fiが利用できる条件であれば、こういった現象は起こらないと思います。


一方の新型ポケトークW




新型のポケトークWは旧型と比較してディスプレーが大幅に改善されています。

2.4インチのタッチスクリーンを採用したことにより、音量や、明るさ調節などの設定も、タッチパネルで直感的に操作できます。

旧型ポケトークではタッチパネルではないので下のボタンなどで操作するのですが、誤入力することが有りちょっと使いづらいと思っていましたので、情報量の増加もメリットですが、それ以上に操作性が向上しています。

ポケトークWは1回の充電で連続約7時間利用できます。

連続で使用できる待ち受け時間は約240時間、翻訳時間は約7時間となり、1回の充電で何日か充電する必要はありません。

Bluetooth でスピーカー・イヤホンに接続できる様になりました。

そして、販売元のソースネクストでは年末年始の旅行にポケトークWを試すことができるキャンペーンを行っています。

キャンペーン期間中、ポケトークが4,980 円で利用できます。

もし、利用後に使い続けたい場合は残金を自動決済するとそのままお使うことができますが、不要の場合にはポケトークWを返送することによって、それ以上の費用はかからなくなります。


海外旅行に威力を発揮する翻訳専用機 POCKETALK_W (ポケトーク)


キャンペーン概要

お申込価格は4,980 円(税抜) 送料無料になります。支払はクレジットカードになります。

お申込期間

2018年11月21日 13時~12月23日23時59分まで

12月1日から順次発送。(配送指定不可、申し込みから発送まで2~3日かかります)


キャンペーンページはこちら


翻訳専用機は頻繁に海外旅行に行く方や日本でも英語の勉強に利用するような方にとっては、継続して利用する価値はありますが、1年に1回程度の海外旅行で3万年近い出費は考え物です。

このキャンペーンを利用すると年末年始の旅行に利用するだけで返却すると、それ以上の費用は必要ありません。

ポケトークは1回使ってみないと、良さがわからない製品のでこういったキャンペーンがあると利用機会も増えると思います。

そして海外で実際に利用するとわかりますが、その国の言語がわからなくても最低限の意思の疎通ができる事がどれだけ助かるかわかります。

英語圏の国であれば、英語が話せないと言ってもわかっている単語を組み合わせて伝えることもできるし、相手の言っていることも単語をつなげて、シチュエーションを考えると大体わかることも多いと思います。

それが、イタリアやフランス、ドイツなどの英語以外の国に行くと数すらもわからなくなります。

それがポケトークWがあると旅の会話集的な内容ならほぼストレスなく伝えることができます。

相手がポケトークを使わなくても、言いたいことが伝わるのは旅の自由度を格段にアップします。



それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。




関連記事
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://card-areiz.com/tb.php/4505-bd2bf607