- マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

マリオットリワードのゴールド会員やプラチナ会員になる方法 ステータスマッチ&チャレンジ

マリオットリワードのゴールド会員やプラチナ会員になる方法は通常の宿泊による達成以外にもあります。

ゴールドまたはプラチナのステータスを達成、維持するためには

マリオットリワードのゴールド会員やプラチナ会員になるためには通常ゴールドは50泊とプラチナ会員は75泊が必要です。

昨年までは、もし上級会員で宿泊回数が足りなかった方はエリート・ステータス・バイ・プロモーションがありますした。

これはゴールド会員を25,000ポイント、プラチナを40,000ポイントのホテルポイントを購入することで維持できる制度でしたが、今後はその制度はなくなります。



ゴールド会員またはプラチナ会員に少ない回数でなれる続きを読むマリオットリワードプラチナ&ゴールドチャレンジはまた対応しているようです。

マリオットリワードは、通常より少ない回数で上級会員になる方法があります。


マリオットホテルのステータスマッチ&チャレンジは今現在の上級会員ステータスの1つ上へのチャレンジのみになります。

現在基本会員の方は3滞在でシルバーに。

現在シルバーの方は6滞在でゴールドに。

現在ゴールドの方は9滞在でプラチナに。

となります。

ただし、宿泊回数は会員によって若干違うかもしれません。

それを、飛び越えてさらに上の上級会員にあることはできません。


これは申請が通ってから90日以内にゴールド会員は6滞在(チェックイン)、プラチナは9滞在(チェックイン)の滞在が必要です。

どちらかの上級会員を目指すものでゴールド会員になった後にプラチナ会員を目指すことはできません。

この申請は以前までは専用のページがあったようですが、今はありません。

ゴールドまたはプラチナチャレンジするためには

マリオットリワードは、会員90日以内に一定の滞在日数または滞在日数を満たすと上級会員になれるゴールドまたはプラチナのチャレンジへの方法を提供しています。

上級会員は、条件を達成したときにのみ付与されます。

ゴールド会員は滞在数は6滞在(チェックイン)、プラチナ会員は滞在数は9滞在(チェックイン)です。

申請の方法

オンラインフォームに記入するか、居住している地域の電話番号に電話をかけて、マリオットリワードのカスタマーサービスにお問い合わせください。

あくまでステータスマッチではなくチャレンジする旨を明記してください。

申請ですので状況や利用内容によっては受けられない場合もあります。

マリオットリワードのステータスマッチ

スターウッド経由

スターウッドプリファードゲストは、マリオットホテルに買収されたことにともなって相互のステータスマッチを行っています。

ゴールド会員の場合はゴールド会員に、プラチナ会員の場合はプラチナ会員に

もし、現在スターウッドの上級会員ではない場合はいくつかの方法があります。

アジア太平洋地域でのWorld Elite MasterCardで支払う1滞在につきSPG Gold&Marriott Rewards ゴールド会員になれるキャンペーンを行っています。

キャンペーン期間は2017年7月14日まで

ゴールド会員期間は2019年まで



アジア太平洋地域での1滞在につきSPG Gold&Marriott Rewards ゴールド会員


スターウッドプリファードゲストは、ゴールドステータスのプロモーションを行っています。

スターウッドプリファードゲストは、ゴールド会員になるとマリオットリワードのゴールド会員にもなれます。

キャンペーンのためには登録が必要です。


キャンペーン専用ページはこちら

プロファイルの支払い方法をWorld Elite MasterCardに変更してキャンペーン期間中にアジア太平洋地域に滞在してSPGゴールドのステータスを取得する必要があります。

このキャンペーンが日本の会員も対象になるのかスターウッドのプラチナ会員のため登録していないのでわかりませんが、World Elite MasterCardを持っている方はチャレンジしてもいいと思います。



スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを作ってゴールド会員に

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード


ユナイテッド航空によるマリオットリワードのステータスマッチ

マリオットリワードとユナイテッド航空は、ゴールド会員以上のマイレージプラス会員にマリオットリワードゴールドのステータスを付与するリワードプラスとの提携を行っています。


どちらにしても8月からは新しいプログラムになりますので、ラストチャンスになるかもしれません。





それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。





デルタ航空スカイマイルのSPGダブルアッププロモーション アメリカ、カナダ&ラテンアメリカ

スターウッドで宿泊した際にデルタ航空やエミレーツ航空などに指定していると通常のスターポイントの他に航空会社のマイルもたまる「クロスオーバー・リワード」プログラム

今回はデルタ航空のスカイマイル限定でSPGダブルアッププロモーションを行っています。

対象地域はアメリカ、カナダ&ラテンアメリカになります。


キャンペーン期間は2018年4月25日〜2018年7月15日まで


スターウッドは、2018年4月25日〜7月15日の間に、米国、カナダ、ラテンアメリカでダブルマイルを獲得できるクロスオーバーリワード会員向けのダブルアッププロモーションを行っています。

クロスオーバーリワードでスターウッドの会員がデルタ航空を指定している場合、通常はスターウッドでの宿泊で1USDで1マイルをもらうことが出来るのが、このキャンペーンの期間中は2倍になる、1USDでデルタスカイマイルを2マイル獲得できます。


キャンペーンページはこちら


キャンペーンは登録が必要です。



スターウッド デルタスカイマイルのSPGダブルアッププロモーション アメリカ、カナダ&ラテンアメリカ



スターウッドプログラムが7月末に終了してマリオットリワードと統合した後に、このような航空会社との提携がどうなるかは判りません。

現状、デルタ航空と「クロスオーバー・リワード」プログラムを設定しているはずですが、この頃はスターウッドに宿泊してもデルタ航空のマイルが積算されていないようです。

もともとデルタ航空のマイルは積極的にためていませんでしたので気にしてはいませんでしたが、アメリカにはよく宿泊しますので確認してみます。

キャンペーンは

2018年7月14日(東部標準時間)午後11時59分まで。

キャンペーンは、クロスオーバ・リワード・メンバーに対してのみ対象となります。

登録会員は、2018年4月25日までに有効な滞在日数ごとに、米国、カナダ、ラテンアメリカのSPG参加ホテルまたはリゾートでSPG参加ホテル(1ドル)ごとに2マイルのデルタマイルを獲得できます。

SPGメンバーは、このプロモーションに登録するには、キャンペーン登録ページでSPG番号を入力する必要があります。

SPG会員のアカウント名は、会員のデルタスカイマイルズ会員アカウントの名前と一致する必要があります。逆の場合も同様です。


登録SPGメンバーは、2018年4月25日から2018年7月15日まで、米国、カナダ、ラテンアメリカのSPG参加ホテルまたはリゾートで、1泊以上の滞在の場合にマイルを獲得します。

ボーナス:対象 となる滞在後4週間から6週間以内に登録会員の口座にマイルが振り込まれます。

アメリカ、カナダ、ラテンアメリカのSPG参加ホテルまたはリゾート内の1泊以上の宿泊が対象となります。

対象となる料金は、スターウッドプリファードゲストプログラムでスターポイントを獲得することができます。









それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。





ヒルトンオーナーズ 30%OFFのセールを開催中 東南アジアが対象

ヒルトンオーナーズは、2018年12月31日までの滞在のために、東南アジアの参加ホテルでの新規セールを開始しました。

予約期間は2018年6月8日まで

滞在期間は2018年12月31日まで

今回の東南アジアを対象としたセールでのヒルトンオーナーズ会員の割引は最大30%OFFになります。

割引を受けるためには2018年6月8日までに予約する必要があります。

その他にセールの対象金額で宿泊するためにはセールに参加しているホテルに予約する際には滞在の7〜21日の事前予約が条件になります。


セールページはこちら


ヒルトンオーナーズ 東南アジアを対象に30%OFFのセールを開催中


ヒルトン系列の東南アジアにあるホテルは安い価格で良いホテルが数多くあり、今回のセールは魅力的です。

この料金プランはクレジットカードによる前払い、払い戻し不可、キャンセル不可としての予約になりますので、旅行の計画が確定している方には検討してもいいセール内容になります。


2018年5月23日から2018年12月31日までの期間、ヒルトンに参加しているすべての参加ホテルを対象に事前予約が必要です。

料金は1名または2名利用の場合を対象に、適用される場合は税金、付帯料金、チップ、リゾート料金を除く。

セールの割引はフレキシブル・レートまたはベッド・アンド・ブレックファースト・レートから最大25%の割引が適用されます。

ヒルトンオーナーズメンバーはさらに5%OFFになります。





それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。





ヒルトンオーナーズ 日本、韓国、グアムを対象に25%セール

ヒルトンオーナーズ 日本、韓国、グアムを対象に25%セール

滞在期間は2018年8月31日まで

予約期間は2018年5月31日まで


セール内容は25%の割引+ $ 50のF&Bクレジットになります。


ヒルトンオーナーズは2018年8月31日までの滞在を対象に日本、韓国、グアムの参加ホテルで新しいセールを開始しました。

ヒルトンオーナーズ の会員は25%割引と、宿泊の場所に応じて,5,000円、$ 50または50,000ウォンのF&Bクレジットを毎日手に入れることができます。

このセールは2018年5月31日までの予約が対象になります。


予約ページはこちらから


ヒルトンオーナーズ 日本、韓国、グアムを対象に25%セール



以前にも同じ地域でセールが行われていましたが、その時の割引は50%でしたがホテルで使えるクレジットは付いていませんでした。

どちらがお得かはホテルによって違いますので、価格の安いホテルに着く泊する際は今回のセールの方がお得になります。

でしたが、一部では使用が困難でなければならない(ワインや食事には不十分です)ダイニングクレジットはありませんでした。


2018年5月15日〜2018年8月31日の間に予約された場合、ヒルトンオーナーズに参加している日本、韓国、グアムのすべてのホテルで利用する事が出来ます。

ホテルの対象となる特典は、ホテルで選択されたプレミアムルームタイプにのみ有効で、スイート、デラックス、エグゼクティブタイプの客室が含まれます。

実際の割引率は部屋のタイプによって異なります。

料金は1名または2名利用の場合が対象で、適用される場合は税金、付帯料金、チップ、リゾート料金を除きます。

参加しているすべての宿泊施設で、選択されたプレミアムルームタイプのフレキシブル・レート(BAR)を最大20%割引します。

ディスカウントに加えて、日本、韓国、グアムのホテルでは、それぞれ5,000円、50,000ウォン、50ドルの食事代が含まれています。

食事代は宿泊1泊1部屋につき、滞在期間中は累積され、チェックアウト時に失効します

(例:日本の宿泊施設で3泊滞在する場合は15,000円まで利用できます)。

次の条件が適用されます。

食事内容に制限はありません(例:クレジットはアルコール飲料にも適用されます)。

他のサービスに適用される超過クレジットは払い戻しされません

ダイニングクレジットは、ホテルのレストランでの食事に適用される場合がありますが、ミニバーやルームサービス、Rera、Youtei、The Lookoutcafé、ヒルトンニセコヴィレッジのSisamには適用されません。




それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。





日本航空、2020年を目処に中長距離LCC航空会社を立ち上げる

日本航空、2020年を目処に中長距離LCC航空会社を立ち上げる

日本航空は、本日、成田空港を拠点にして、2020年夏に運航を開始する新航空会社の設立を発表しました。

未だ名前は決まっていないようですが新しい航空会社は、ボーイング787型機2機を使用して操業を開始し、日本からアジア、アメリカ、ヨーロッパへの中・長距離飛行を運営していく予定です。

成田国際空港からアジア、ヨーロッパ、アメリカなどの目的地を選択する予定で、設立当初はボーイング787-8機2機を運航し、2020年夏から成田空港が増強を計画しているフライトを目指しています。

実際に787-8の飛行距離を考えるとヨーロッパ全域やアメリカの大部分をカバーする事が出来ます。

主要なハブ空港はすでに日本航空が就航していますので、ヨーロッパならイタリアやスペインなどの路線が考えられると思います。

JALは以前イタリアのローマとミラノに就航していましたが(たしか10年くらい前に初めてミラノに行ったときにJAL便だったと思います。)経営再建のために撤退しています。

イタリアなどは観光地としては魅力的なのですがビジネスでは利用される方が少なく、通常のフルサービスの航空会社では採算が難しいともいます。

LCCであれば観光目的の方が主体でも採算が合うと思いますので、狙い目かと思います。


新会社の詳細

会社名 -

設立日 - 2018年7月(予定)

空港ハブ - 成田国際空港

ビジネスモデル - 国際航空輸送サービス(アジア、ヨーロッパ、アメリカ)

航空機艦隊 - ボーイング787-8

資本・投資金額 - TBA(JALグループ連結子会社)

JALはジェットスター・ジャパンの3分の1を所有し、日本国内で国内線を運航しています。

ANAは最近、バニラとピーチの2つのLCCブランドを1つの航空会社に統合すると発表しました。

実際には2機の航空機を使用してさまざまな目的地まで多くの便を運航することはできませんが、JALはこれがどのように機能するか採算を含めて確認するためにテストを行い順次拡大していくと思います。



それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。