- マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

インターコンチネンタル アンバサダー会員の無料週末宿泊券予約ページについて

インターコンチネンタル アンバサダー会員の無料週末宿泊券の予約に関して、価格の確認や予約など通常は電話で確認していました。

しかし、電話ではゆっくり検討できない事に加えて、他のホテルの価格を検討することも難しいと感じていました。

IHGリワードクラブのWebページで通常行っているように、他のインターコンチネンタルホテルの価格も一覧で表示されるページがあります。

このページは会員で無くても利用することができるようなので、会員はもちろん、今後入会を考えている方にも入会することが合っているか検討することができると思います。


インターコンチネンタルは週末無料宿泊で利用できる料金をチェックすることは、インターコンチネンタルアンバサダーのアカウントにログインし、いくつかのリンクをたどる必要があります。

ただし、この方法の場合は面倒なことと会員のみが料金を確認出来るので会員以外は確認出来ませんでした。

しかし、別のページでは会員以外も料金を確認することが可能であり、会員はそのまま予約を完了することができます。


予約・料金確認ページはこちら



インターコンチネンタル アンバサダー会員の無料週末宿泊券予約ページについて




インターコンチネンタルアンバサダーの週末無料宿泊とは


会員はメンバーシップキットに添付している12ヶ月間有効な無料週末宿泊券を利用できます。

無料週末宿泊券をは、中東の金曜日から日曜の夜または木曜日から土曜日まで使用できます。

特定のアンバサダー・サーティフィケート・レートで予約する必要がありますが料金は最低料金に準じています。

アンバサダー会員に入会する前でも、この料金を予約することはできますが、アンバサダーメンバーシップキットを入手するには、海外からの発送なので1〜2ヵ月かかることがあることがありますので注意する必要があります。
なぜならチェックインの際にチェックインの際、バウチャーを必ず渡す必要があります。


無料週末宿泊券を使用して、予約する際にはスイートなどのより高いルームを予約することも出来ます。

オンライン予約システムでは、1泊目の宿泊料金のみが課金されます。2泊目は無料です。

アンバサダー会員のの週末無料宿泊料金は、到着日までキャンセル可能ですが、ホテルによって違う可能性もあるので料金規則を常にご確認ください。

無料宿泊の証明書には、スイートには使用できないことが記載されています。しかし、多くのホテルでは同様の料金プランがスイートにも適用されています。



それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字

IHGリワードクラブ 10,000ボーナスポイントパッケージ

IHGリワードクラブ 10,000ボーナスポイントパッケージを行っています。

キャンペーン期間は2018年10月31日まで

キャンペーン予約期間は2018年9月30日まで




IHGリワードクラブは、2018年10月31日までの期間を対象に、キャンペーン参加ホテルで、2泊以上の宿泊をする際に選択できる10,000ボーナスポイントパッケージを提供しています。


このIボーナスポイントパッケーの利点は、通常ボーナスポイントはIHGリワードクラブの上級会員になるためのポイントには加算されません。

しかし、ボーナスポイントパッケージポイントは、ゴールド、プラチナ、またはスパイアエリートの上級会員になるために必要なポイントに加算されますので、利用すると非常に効率的に上級会員になることが可能になります。


10,000ボーナスポイントパッケージの予約はこちら


IHGリワードクラブ 10,000ボーナスポイントパッケージ


2泊して10,0000ボーナスポイントを獲得するためには、10,000ボーナスポイントパッケージプランで予約する必要がああります。


このプランは最低価格より高くなっていますが、低価格なホテルでは価格の差はそれほどでは無いのでお得な内容になります。

高価なホテルでは金額的な差がありますので、自分の状況を考えて選択する必要があります。

対象ホテルは限られていますので、旅行先に対象ホテルがあった場合には検討する必要があります。







それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字

JALホームページ限定 国際線特典航空券 曜日限定特典

JALホームページ限定 国際線特典航空券 曜日限定特典は他の航空会社で特典航空券に必要なマイル数が増加する傾向の中で非常にお得な内容です。

JALの特典航空券の場合は往復分の燃料サーチャージを支払う必要があり、今のように燃料サーチャージが高い状態ではJALやANAなど日系の航空会社は燃料サーチャージを必要としない航空会社と比較し不利でしたが、特典航空券に必要なマイル数に大きな違いがある現状では、その分を考えてもお得になると思います。

JALの曜日限定は国際線の特典航空券が対象になりホームページで申し込みができることが前提になります。

また。割引になるのはJALの直行便での往復に限定されています。


期間延長 JALホームページ限定 国際線特典航空券 曜日限定特典

このキャンペーンは曜日限定で往復の特典航空券が対象になります。



対象期間

2017年度

2019年2019年3月31日(日)

対象の曜日

日本発:火曜日、水曜日、木曜日、金曜日

海外発:月曜日、火曜日、水曜日、木曜日

日本発・海外発ともに上記の曜日に該当する場合のみ本キャンペーンの対象となります。

対象路線

日本発着のJAL国際線

必要マイル数は改正前のマイル数になり、たとえば日本からヨーロッパの場合

ビジネスクラス

通常110,000マイル

ディスカウント 90,000マイル

ファーストクラス

通常160,000マイル

ディスカウント 140,000マイル

ヨーロッパの場合、JALが直行便でフライとしている空港までになり、その空港から乗り継ぐ場合はワンワールド特典か、もしくは違うチケットを購入するか特典航空券で予約する必要があります。

アメリカの場合もビジネスクラスの必要マイル数は100,000マイルが85000マイルになります。

割引率は15%以上なので、内容的には大変お得になっています。

昨年のJALホームページ限定 国際線特典航空券 曜日限定特典は割引率が20%程度でしたので、昨年と比較して必要マイル数は5,000マイル程度増加しています。

今回のキャンペーンはビジネスクラスとファーストクラスです。

その他にエコノミークラスのディスカウントキャンペーンも行っています。

アメリカまでJALカードを持っている方は39000マイルで往復できます。

近頃の特典航空券を予約する際に他の航空会社はマイル数の増加が目立ちますが、JALのディスカウントキャンペーンは最安で予約できるマイレージプログラムの一つです。

ただ、この頃はANAと比較してJALの特典航空券に関して空席状況に空席が少ない状況ですので、早い段階での予約が必要になります。






それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字

アメリカン・エキスプレス・カード ヒルトンホテルでキャッシュバックキャンペーン

アメリカン・エキスプレス・カードでキャンペーン事前登録の上、ヒルトンホテルに宿泊すると7,000円キャッシュバックキャンペーンを行っています。

事前登録/キャンペーン期間:2018年8月2日(木)正午~12月31日(月)

ただし、このキャンペーンは先着20,000名になりますので、キャンペーン事前登録期間内でも人数に達した場合にはキャンペーン受付を終了します。


アメリカンエキスプレスカード ヒルトンホテルでキャッシュバックキャンペーン



ヒルトン・ホテルズ&リゾートでキャッシュバックキャンペーン
事前登録のうえ、国内外の対象ホテルにてキャンペーン期間中に各ホテル毎に合計35,000円(税込)以上決済いただくと、7,000円のキャッシュバックが受けられます。

キャンペーン条件はアメリカン・エキスプレス・カードを持っているのが前提になり、そのカードをキャンペーンページから事前登録を行うことが前提です。

そしてキャンペーン対象のヒルトンホテルとリゾートで、合計35,000円以上の決済をアメリカン・エキスプレス・カードを利用するとキャンペーン達成になります。

キャンペーンを達成すると請求時に7,000円のキャッシュバックが受けられます。


キャンペーン時は諸条件があります。

キャッシュバックは各ホテル1回まで、合計10か所までとなります(オンラインでの事前決済は1か所とカウントされます)。

キャンペーン対象ホテルに直接予約の上、フロントデスクでのチェックアウトが12月31日(月)利用分までが対象です。

ヒルトン/ヒルトン・オナーズのオフィシャルウェブサイトまたはモバイルアプリからの直接予約、ならびに対象ホテルでの直接予約のみがキャッシュバックの対象となります。

電話の場合はヒルトン・リザベーションズ&カスタマー・ケア(電話番号03-6679-7700)で対応します。

ボーナス払い、分割払いは対象外です。

QUICPay(クイックペイ)でのお支払いは対象外です。

ギフトカードの購入は対象外です。

家族カード・追加カードをお持ちの場合や複数カードをお持ちの場合は、カード毎に事前登録が必要です。

アメリカン・エキスプレスのコーポレート・カードは対象外です。

各ホテル毎に35,000円(税込)以上お支払いいただいた場合も、キャッシュバックは7,000円です。

日本国内以外のお支払いは、現地通貨となり、カードご利用代金の締日の為替で日本円に換算されます。日本円換算後に35,000円(税込)以上お支払いただいた場合、キャッシュバックの対象となります。

キャッシュバックは、登録カードのご利用代金明細書において、当月または翌月以降の請求金額から減額する方法により調整し、現金での返金はいたしません。


キャンペーン登録はこちら



それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字

キャセイパシフィック航空のアジア・マイルがプログラム変更の結果、特典航空券のマイル数が倍増

キャセイパシフィック航空のアジア・マイルが2018年6月22日からプログラムを変更しましたが、その結果、特典航空券に必要なマイル数が倍増しています。

プログラム変更は2018年6月22日からになり、キャセイパシフィック航空のアジア・マイルのプログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わりました。


全体的には変更後アジア・マイル会員は、割引されたエコノミークラスの運賃でもマイルを獲得し、座席のアップグレードには今までより多くのマイルが必要になり、ビジネスクラスとファーストクラスの特典航空券は一般に高価になり、エコノミークラスや短距離の特典航空券は下がる傾向になると発表されていました。

しかし、発表の特典航空券に必要なマイル数を調べるとほとんど倍増しているのが現状になります。

例えば日本からアメリカまでキャセイパシフィック航空を利用した場合、ほとんどの日にちが往復で約15万マイルが必要になります。

以前はその半分でした。

確かに以前は特典航空券の空きが少なく、エコノミークラスなどの予約をするkとは難しい時もありました。

しかし、時期を選ぶと空席もありましたので使えないというほどではありませんでした。

今は空席はありますがほとんどが予知多くのマイル数を必要とする席で最も安く予約できる日は数か月先にわずかある程度です。


キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空の特典航空券がより利用しやすくなるということで、特典航空券で予約できる座席数をこれまでより20%以上増加し、フライト特典がより利用しやすくなるということでしたが、マイル数が倍増するのであれば空席を増やすメリットは航空会社にしかないと思います。



新しいアジアンマイルに関してはこちらになります。



キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。



特典航空券について

今まで往復の特典航空券に関して行きがエコノミークラスで帰りがビジネスクラスの場合、必要マイル数はビジネスクラスの往復分が必要でした。

今後はフライト特典が片道で予約することが出来かますので、往路と復路で異なるクラスでの搭乗が可能になり、より自由度の高い利用が可能になります。

ビジネスクラスなどの上位クラスに関して、特に長距離路線でその傾向がありますが、特典航空券に必要なマイル数は従来より多くなります。

反対にすべてのエコノミークラスのフライト特典交換が変更後と同じか、もしくはより少ないマイル数で予約することが出来ます。


予約の際はスタンダード、チョイス、テーラーメイドの3種類の特典航空券が用意されています。

同じ目的地でも必要なマイル数が多くなりますが、特典航空券の対象座席は多くなり、会員がマイルを使っての特典航空券の予約をしやすくなります。

また、新しいオンラインフライト特典予約システムを導入して、会員にWebページとモバイルアプリの両方ともシームレスな体験を提供します。

今までは、他の航空会社と比較して使いづらかった特典航空券の空席確認が、選択した日付、客室クラス、特典タイプのすべてのフライトの空き状況を一目で確認できるようになるようなので、利便性が向上するようです。


2018年6月22日に予約された旅行の新しいチャートは次のとおりです。


キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。3


2018年6月21日までに旅行を予約した場合の古いチャートは次のとおりです。


キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。5


より多くの特典航空券を予約する際のマイル卯が必要なチョイスのチャートは次のとおりです。


キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。4


以前は、アジア・マイルは往復特典航空券の割引を提供していましたが、片道料金は往復の半額となります。


アジア・マイルでは、ワンワールドの提携航空会社の特典航空券に必要なマイル数も変更になります。

2018年6月22日移行に予約された旅行の新しいチャートは次のとおりです。


キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。4

2018年6月21日までに旅行を予約した場合の古いチャートは次のとおりです。


キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。5


新しい特典航空券に必要なマイル数は、プレミアキャビンの料金が高騰するにつれて、エコノミークラスの旅行をマイルを使って予約する方には良い変更になると思います。

また、片道での予約が可能になったのは自由に組み合わせが可能になり、予約しやすくなります。

ただし、ワンワールドに加盟している航空会社の多くは今までWeb上で予約が出来ず、リクエストを送り後日空席の情報がメールで届いて、その後電話かメールで予約するようになっていましたので、その点がどうなっているのかは今のところ判りません。

またJALなどは今まで片道での予約が出来ませんでしたので、その点が改善されていると日本在住の会員には使いやすくなっていると思います。










それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字