スポンサードリンク

JAL・三菱商事・豪カンタス、格安航空会社を来月設立

JAL (日本航空)と、オーストラリアの航空会社 カンタンスグループと
三菱グループの総合商社の三菱商事 の3社が
ジェットスタージャパン株式会社 を新たに設立し、2012年度中に
就航を予定していることが分かりました。
ジェットスタージャパン(Jetstar Japan)は、
カンタス航空が持つ ジェットスター(格安路線)のノウハウを活かした格安航空会社。
「最低価格保証」 を取り入れるところ。
「最低価格保証」は、同じ日の同じ時間帯の同一路線で他社の方が運賃が安いと利用者が申告した場合、それより10%安くする仕組みを検討している。
価格としては、従来の国内線の平均価格の6割程度との事。
ジェットスタージャパンは カンタンス航空のジェットスター線と同じ様に
機内食や毛布の貸出しは有料制。
すでにジェットスターでは 成田-ケアンズ間は片道8000円
(燃油サーチャージ別)を実現しており、エアアジア などとの
価格競争が激化しそうです。
路線は 成田空港を拠点に
札幌/福岡/沖縄 などの国内線、
その後、アジアの主要都市を中心とした短距離国際線の就航も計画している。
資本金は48億円で、運航開始後に120億円にする予定。
出資比率は三菱商事が33・34%、JAL、カンタスグループがそれぞれ33・33%。
従業員は初年度150人で、数年間で800人に拡大する。
3機のエアバス320(180席)で運航を始め、数年間で24機に増やす計画。
料金は従来から40%下げる。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです゚
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です