スポンサードリンク

アメックス プラチナでキャセイのゴールド会員に

アメックスのプラチナ会員を対象に、キャセイパシフィック航空のロイヤリティプログラム、
『ザ・マルコポーロクラブ』のゴールド会員にしてくれるという招待状が届いています。
『ザ・マルコポーロクラブ』のゴールド会員になるためには下に記載したように結構たいへんなのですが
今回、1年の期限付きですが上級会員になれるのは非常にメリットがあると思います。
キャセイパシフィック航空のザ・マルコポーロクラブ。
上級会員のためのプログラムですが、入会後になるグリーンティアの場合の特典はそれほどありません。(指定クラブ・カウンターでのチェックインぐらいです)
その後のシルバーティアになるとルビー、ゴールドでサファイア、ダイヤモンドでエメラルドとワンワールドのステイタスになり、キャセイパシフィック航空に搭乗する際の特典も大きくなります。
シルバー会員以上にあるためには、他の航空会社のプログラム同様に飛行機に搭乗することが必要ですが、他の航空会社と若干違うとことがあります。
シルバーティアで30.000マイルまたは20セクターになります。
その後、他の航空会社であれば続けて20.000ポイントか30.000ポイントの搭乗があれば、その上の会員レベルになります。
マルコポーロクラブの場合、ティアの更新またはアップグレードをした場合、それまでに獲得したマイルとセクターがリセットされてしまいます。
ゴールド会員になるには、
30.000マイル + 60.000マイル = 90.000マイルの搭乗が必要になります。。
一見大変そうですが、楽な部分もあります。
マルコポーロクラブの場合、入会後1年間が対象期間になりますが、ティアの更新や、ティアのアップグレードがあると、年度改正にななります。
例えば4カ月でグリーンからシルバーにアップグレードした時点で年度が改まり、その時点からシルバーの有効期限が12ヶ月となります。
その後、12ヶ月以内に60.000マイル積算するとゴールドにアップグレード。
その時点で年度が改まり、12ヶ月で60.000マイル積算すればゴールドを維持できます。
60.000マイルは大変そうに見えますが、キャセイパシフィック航空の場合には格安航空券でも100%のマイルが加算されるので(一部0マイル加算の航空券もあります。)
ANAやJALが同じような航空券の場合70%や50%加算なので、実際は同じような内容になります。
ちなみに日本から香港経由でヨーロッパまで往復で約15.000マイルになります。
もうひとつのセクターはシルバーなら20セクター、ゴールドなら40セクター、ダイヤモンドなら80セクター
セクターとは区間になりますが搭乗回数ではなく、予約クラスに応じて一定の倍率が積算されます。
キャセイパシフィック航空便に搭乗する場合、正規割引でYでも基本的にマイル加算は100%なので、日本と香港を10往復でシルバーになれます。
あまり長距離を移動しない方はセクターでクリアしたほうが効率的かもしれません。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです゚
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です