スポンサードリンク

デルタがアメリカン航空の買収検討

アメリカの航空会社2位のデルタ航空が、11月に経営破綻した同3位アメリカン航空の親会社AMRの買収を検討しているとニュースになっています。
 実現すれば、米ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスを抜き、世界最大の航空会社が誕生することになります。
デルタが買収の助言役に米投資会社ブラックストーン・グループと契約し、独占禁止法上の問題も解決できると判断している。
 また、デルタとは別に、米5位のUSエアウェイズ・グループや米投資ファンドのTPGキャピタルも、それぞれAMR買収を検討中と報じた。
TPGは、1990年代に旧コンチネンタル航空を金融支援したほか、2009年にはAMRと共同で、日本航空への出資を検討した。
もし買収がデルタ航空でもUSエアウェイズでもワンワールドから変わる可能性が大きくJALだけではなくワンワールドもアメリカの航空会社が無くなれば航空連合としては非常に不利になると思います。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです゚
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。