スポンサードリンク

2012年7月1日よりマレーシア航空とのコードシェア開始

日本航空(JAL)は11日、7月1日より、マレーシア航空が運航する日本=クアラルンプール線、およびクアラルンプールを基点としたマレーシア国内、アジア域内の路線において、コードシェアを開始することを決定したと発表。
予約販売は6月12日より開始する予定です。
240618.jpg
 マレーシア航空は、2012年後半にワンワールド・アライアンスへの正式加盟を予定している。
同社は、マレーシアの首都クアラルンプールを中心に現在世界60以上の都市へ就航しており、顧客への優雅で高品質なサービスにも定評がある。
 JALはマレーシア航空とのコードシェアにより、クアラルンプールを発着するマレーシア国内、およびインドやスリランカなどアジア域内へのネットワークを飛躍的に拡大することになる。
JALおよびワンワールド・アライアンスは、これまで成田と香港をアジアの拠点としてネットワークを構築してきたが、新たにクアラルンプールを拠点として追加することにより、東南アジアにおける顧客の利便性向すると思います。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です