スポンサードリンク

ドコモ、スマホ決済を海外でも マスターと提携

NTTドコモはスマートフォンの利用者向けサービスを拡充する予定です。
米クレジットカード大手のマスターカードと提携し、来夏をメドに世界41カ国でドコモの電子決済機能を使えるようにするようです。
来年の夏をメドに携帯電話を使った独自の電子決済サービス「iD」を海外でも使えるようにする。
今まで通信方式の違いから海外では利用できませんでした。
今回発売される冬モデルのスマホの一部機種で、非接触ICの通信方式の国際規格「NFC」を採用します。
 マスターカードはNFC方式の電子決済サービス「PayPass(ペイパス)」を欧米アジアなど世界41カ国約50万店舗で展開している。
マスターカードとの提携でドコモの利用者は世界のペイパス取扱店で「iD」を使えるようになります。
海外で小口決済の際に現金を持ち歩く必要が減るメリット以外にアメリカのガソリンスタンドでは日本のクレジットカードが機械で読み取らないため、カウンターに行って手続きを行うことが多い為、そういう所で使用できるようになるのは便利になります。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です