スポンサードリンク

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

昨日に引き続きデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのメリットについてです。
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを持っているだけで航空会社のラウンジや優先チェックインカウンターなどを利用できる航空会社の上級会員資格がもらえます。
250430.jpg
マイルの効率的にたまる事を考えるなら同じアメックスのアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードがおすすめです。
対象航空会社の航空券のご購入で、航空券購入代金のポイントが5倍になるなど同じ飛行機を利用することを考えると大きな差が出ると思います。
しかし、実際の利用内容や特典を考えると飛行機に乗る頻度が高いほどデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの方が良いと実感できます。
デルタ航空は国内線はスカイマークを利用するしかなく、マイル数も高く路線も限られているので利用するのは難しく、国際線の利用も地方都市なら成田空港などに自力で行くか、もしくは大韓航空などを利用して韓国経由で行くぐらいしか選択肢はありません。(しかも大韓航空は利用できない日が結構あります。)
ラウンジが利用できることについても、プライオリティパス」が付帯しているセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費2万1000円)や楽天プレミアムカード(年会費1万500円)などの低価格で利用できるカードも多くなっています。
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは優先チェックインや目的地での荷物の優先引き渡しなど、ワンランク上のサービスを受けられます。
特に優先チェックインなどは利用した方はわかると思いますが、エコノミーなどの場合チェックイン時間は国内でも海外でも非常に混雑しており、通常であればかなり時間をとられますが、上級会員の場合はビジネスクラスのカウンターを使えますのでほとんど待つことがありません。
100%のボーナスマイルをもらえることや、JALやANAに登場した場合でも片道500マイルもらえるニッポン500マイル・キャンペーンも一般は上限が5.000マイルまでですがゴールドメンタリオンは20.000マイルまでもらえます。
手荷物検査も混雑していますが、上級会員の場合すべてではありませんが並ばなくてもいい優先レーンを利用させてもらえたりします。
先ほどは特典航空券が使いづらいと記載しましたが、利用しづらいからこそ意外と空いている路線もあります。
例えばハワイの特典航空券はANAやJALではほとんど予約することが無理な路線ですがデルタ航空の場合福岡からホノルルまでの路線が結構な頻度で空いています。
飛行機を利用することがあるけど上級会員になれるほどでない方はデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのほうがお得といえる。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です