スポンサードリンク

ANAも燃油サーチャージを値上げ、2013年12月〜2014年1月発券分

ANAもJALに引き続き国際線航空券の燃油サーチャージの値上げを発表しました。
発見期間は2013年12月1日〜2014年1月31日になります。
燃油サーチャージ額(2013年12月〜2014年1月/片道)
日本〜韓国・極東アジア 2,000円⇒2,200円
日本〜中国・台湾・香港 5,500円⇒6,000円
日本〜グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 6,500円⇒7,000円
日本〜タイ・シンガポール・マレーシア 10,500円⇒11,500円
日本〜インドネシア・インド・ハワイ 13,500円⇒15,000円
日本〜北米・欧州・中東・オセアニア 21,000円⇒23,500円
この燃油サーチャージについていつも思うのですが燃油サーチャージが高くなっても安くなっても航空券代はいつも総額でだいたい同じ設定になっています。
実際、燃油サーチャージがなくなると今13万円ぐらいでいけるヨーロッパなどが8万円以下になることはないので航空券を購入するときにはあまり意識しません。
しかしJALやANAで特典航空券を使う場合は燃油サーチャージを支払う必要があるので、エコノミーなどは特典航空券の意味があまりなくなります。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です