スポンサードリンク

デルタ航空のスカイマイルも 特典航空券の必要マイル数を引き上げ

デルタ航空のスカイマイルも ユナイテッド航空に引き続き、特典航空券の必要マイル数を引き上げになります。
デルタ航空では、2014年2月1日搭乗分と2014年6月1日搭乗分からの特典航空券の交換に必要なマイル数を一部引き上げます。
エコノミークラスは、ほとんど2月1日搭乗分からの引き上げですが、ビジネスクラスの多くは、6月1日搭乗分からの引き上げとなります。
特典必要マイル数が改悪された区間の一部
日本~台湾・中国・香港
日本~ハワイ
日本~グアム・サイパン
日本~ヨーロッパ
日本~インド・スリランカ
次に必要マイル数は
日本国内線
15.000マイル(変更なし)
2.韓国
エコノミー:15.000マイル(変更なし)
ビジネス:30.000マイル(変更なし)
台湾・中国・香港・フィリピン
エコノミー:25.000マイル⇒30.000マイル
ビジネス:45.000マイル⇒50.000マイル
グアム・サイパン
エコノミー: 25.000マイル⇒30.000マイル
ビジネス:45.000マイル⇒50.000マイル
バンコク・シンガポール
エコノミー:45.000マイル⇒45.000マイル(変わらず)
ビジネス:70.000マイル⇒70.000マイル(変わらず)
インド・モルディブ
エコノミー:50.000マイル⇒75.000マイル
ビジネス:70.000マイル⇒110.000マイル
デンバサール(バリ)
エコノミー:45.000マイル⇒45.000マイル(変わらず)
ビジネス:70.000マイル⇒70.000マイル(変わらず)
オーストラリア・ニュージーランド
エコノミー:70.000マイル⇒70.000マイル(変わらず)
ビジネス:110.000マイル⇒110.000マイル(変わらず)
ハワイ
エコノミー:40.000マイル⇒55.000マイル
ビジネス:70.000マイル⇒85.000マイル
米国本土
エコノミー:70.000マイル⇒70.000マイル(変わらず)
ビジネス:120.000マイル⇒140.000マイル
ヨーロッパ
エコノミー:80.000マイル⇒90.000マイル
ビジネス:120.000マイル⇒140.000マイル
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です