スポンサードリンク

ANA 羽田の国際線を大幅増便 ロンドン パリなど

ANAは9日、拡充される羽田空港の昼間時間帯の国際線発着枠を活用して、来年3月30日に始まる夏ダイヤで羽田の国際線を大幅増便する方針を発表しました。
ビジネス需要が見込める羽田-ロンドン線を1日1便で新規開設するほか、新たに、羽田からパリ、バンクーバーやハノイに就航する予定です。
 羽田の国際線発着枠は、国土交通省が10月、増枠分のうち全日空に11便、日航に5便を割り振る方針を発表。
全日空は配分を受けた11便のうち、運航路線を調整中としているドイツの2便や中国の1便を除く8便の路線計画をまとめた。
羽田からの新規開設となる路線はロンドン線、パリ線、ハノイ線、ジャカルタ線、マニラ線、バンクーバー線。
シンガポール線とバンコク線は増便となる予定です。
地方空港からの乗り継ぎで海外に行く場合、札幌や福岡など一部の地域を除いて羽田空港の方が成田空港より利便性が高いので利用しやすいと思います。
今までは深夜便や早朝時間でしたが、今後は日中のスケジュールの充実していきますので、ますます便利になります。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です