スポンサードリンク

タイムズカープラス、1枚のカードで各社のガソリンスタンドが利用出来るようになります

タイムズカープラス、1枚のカードで各社のガソリンスタンドが利用出来る「オリジナル給油カード」を発行!
1枚のカードで各社のガソリンスタンドを利用できる『オリジナル給油カード』を発行し、きょう2014年1月20日からサービスを開始すると発表しました。
最近では、2011年の消防法改正や低燃費車の普及でガソリンスタンドの数が減少していることから、複数のガソリンスタンドに対応した給油カードを導入することにしたとのことで、これにより、利用者は提携ガソリンスタンドを探す手間が大幅に省けます。
さらに、カーシェアリング車両とシステム連動させることで、カードの使用を車両の利用時間内に限定する機能も搭載しています。
260122.jpg
カーシェアリングのタイムズカープラス
コインパーキングでどこにでもあるタイムズ24 がマツダレンタカーを子会社にして参入したサービスになります。
カーシェアリング業者では第1位「タイムズカープラス」は会員数20万人を突破し、ステーション数の増加もハイペースで増えています。
車両台数も、ステーション数増加とほぼ同じく増えており「タイムズカープラス」は、車両台数6,000台以上になっています。
ステーションや車両台数の地域別に見ると東京や神奈川、大阪に多くあります。
250829.png
カーシェアリングは旅行の際にもメリットがあると思いますが、普段の生活でも便利な点があります。
会社でも使い方によっては経費を削減することができると思います。
タイムズカープラスの場合、固定でかかる費用が
月会費: 1,000円(1.000円の利用料になります / 個人会員)
使用料は
ショート
ベーシック 200円 / 15分
プレミアム 400円 / 15分
ダブルナイトパック(18時 ~ 9時)
ベーシック 2,500円 15円 / km 200円 / 15分
プレミアム 2,500円 15円 / km 400円 / 15分
6時間パック
ベーシック 3,900円 – 200円 / 15分
プレミアム 3,900円 – 400円 / 15分
とリーズナブルな設定です。
乗り捨てや長期間のレンタルの場合はレンタカーの方がお得になると思いますが、短時間ならカーシェアリングの方がお得です。
ちなみに、上記料金にはガソリン代と保険料が入っています。
実際の使い方は
PC やスマートフォンで予約
会員カードを持って車へ行き会員カードでロックを解除
車内にある車の鍵を取ってエンジン始動
ガソリンが必要なら車内にあるクレジットカードで給油
ナビや ETC も完備なので快適
もし利用時間延長の必要がある場合はナビから操作して申請
編者の時は鍵を車内所定の位置に戻すと利用終了
会員カードで施錠
になります。
24時間、車が空いていればいつでも借りれます。

それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ

  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です