スポンサードリンク

3月から東京でサービス アプリによるハイヤー配車サービス「Uber(ウーバー)」JCBとダイナースカードの登録に対応

アプリによるハイヤー配車サービス「Uber(ウーバー)」が東京で正式サービスを開始しています。 
ハイグレードで安価なサービスは好評
目標は都内なら5~10分で到着する体制。
あらかじめ、クレジットカード情報の入力など会員登録しておく必要があります。
今回、JCBとダイナースブランドのクレジットカード登録に対応した。
料金体系は明確。
料金は、基本料金が103円で、1分ごとに67円と1キロごとに308円が加算される。タクシーのような深夜割増はないため、利用距離によってはタクシーより割安になる。
ハイヤーを通常の方法でスポット利用する際、例えば業界大手の日本交通の場合、1時間または15キロメートルで料金は6270円からという設定なので、Uberは格安になっています。
US$10の無料プロモーション!初回乗車でUS$10割引
世界21カ国で利用出来るタクシー配車アプリ「UBER」は東京でも利用可能!
入会はコチラになります。
タクシー配車アプリの「UBER」が、アプリをダウンロードするだけで、$10ドル分の利用クーポンを配布するプロモーションを実施中です。
「UBER」は、世界各地のタクシーを、iPhoneとAndroidアプリから配車させ、アプリ上から利用料金をクレジット決済できるアプリになります。
アプリはiOSおよびAndroid向けに提供されており、すでに日本語対応済みとなっています。
App StoreやGoogle Playからアプリをダウンロードし、個人情報やクレジットカード情報を入力すればすぐにサービスを利用できます。
 ただし東京ではテスト運行中のため、「Secret Uberにご乗車いただけるチャンスは少し限られるかも知れません」とのこと。
今後は車の台数も増やしていく予定です。
 また、Secret Uberの登場を記念して、「2ivnw」というプロモーションコードを入力すれば、初回の乗車料金$10ドルが無料になるというキャンペーンを開催している。
対象エリアは、日本では東京のみ。
世界では21カ国で利用でき、アメリカやヨーロッパ各地のほか、クアラルンプール、シンガポール、シドニー、ソウル、ニューデリー、バンガロール、メルボルン、上海、台北などのアジアでも利用ができるので、旅行者にも便利なアプリ。
提携タクシー会社や、「UBER」が直接契約したドライバーが迎えに来る仕組み。
現金ではなく、アプリ上から決済するので、ボッタくられたということや、タクシーが捕まらないということもないのは便利。
登録はパソコン、スマートフォンから可能。今なら2,000円の使用のプロモーションコードは「ubertraicycom」。
プロモーションコードは初回入会時のみ対応です。
プロモーションコードは一つだけになります。有効期間などがあるようです。
使い方は
アプリを起動して地図を移動させて中心のSet Picup Locationにタクシーに来てもらいたい位置を合わせます。
この時、その場所まで何分で迎えに来れるかが動的に表示されます。
また、走行中のタクシーが動いている様子も表示されます。
20130524145848.png
車の種類を選びます。
Black Carはリムジン。SUVはSUV、UBERxはいわゆる普通のタクシーを指すようです。
確認画面が表示されるので「Request Black Car」ボタンをタップします。
到着直前には登録した番号にショートメッセージ
20130524145851.png
支払いは登録したカードで決済されます。
アプリにはレシートが届き、評価、メッセージが残せます。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です