スポンサードリンク

無料でできる資金管理 Money Forward(マネーフォワード)

クレジットカードを複数枚持っていると支払いの管理が大変になってきます。
毎月クレジットカードの明細が送られてきます。
その明細の中身を見ると、どうしてもわからない項目があったりします。
使ったものなのでわかりそうですが、明細の項目が増えると何個かあります。
資産管理ソフトは何個かあり
以前はMoneyLook(マネールック)を使っていました。
今はMoneyLook(マネールック)をやめてMoney Forward(マネーフォワード)を使っています。
【無料】ネットで簡単収支管理 – マネーフォワード
以下がマネーフォワードに切り替えた理由です。
Money Forward マネーフォワードの内容
銀行、クレジットカード、証券会社、ポイント、AmazonなどのIDを一度登録するだけで残高や支出の情報を自動で取り込んでくれる。
いままで面倒だった支払いの管理などが自動化されます。
 
【対応先金融機関】
銀行、証券、カード、FXなど全1,436社(2014年3月現在)の情報を家計簿アプリに表示することができます
【主な特長と機能】
登録している金融機関の残高や入出金などの家計データを、いつでもどこでも、アプリで簡単に見ることができます。
また、自動でデータを取得・分類してくれるから、家計簿を続けるのがとってもラクです。
ほぼ全ての金融情報、資産データを自動取得。
クレジットカードの利用もリアルタイムで把握できる。未確定明細の取り込み。
電子マネー残高、ポイント残高
様々なグラフを自動で作成するので収支の把握が容易。
登録まで1分で利用可能。
個人的に助かるのがAmazonの対応。
アマゾンの購入履歴も自動で取り込んでくれます。
しかも内容に「商品名」を表示してくれるようになります。
クレジットカードの明細で「Amazon」だと、何を買ったかわけがわからなくなるのでたすかります。
マネーフォワードの詳細はこちらになります。
5月12日にはiPhoneアプリをフルリニューアルしています。
デザインを一新し、従来は10個以上に分かれていたメイン機能を4つのタブにまとめて見やすくしたり、面倒な手入力についてもタブからすぐに使えるようにしまた。
通信面ではバックグラウンドで処理する割合を増やすことで、体感速度を大幅にアップさせているようです。
2606231.jpeg
260623.jpeg
マネーフォワードはこちら
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です