スポンサードリンク

デルタ航空が成田空港のハブ機能を縮小

デルタ航空が成田空港のハブ機能を縮小します。
デルタ航空は成田空港をハブ空港として東京とアジアの路線を運行しています。
今回、デルタ航空はアジア路線の縮小を発表しました。
成田国際空港での東京ハブのサイズを縮小しており、いくつかの経路を廃止するようです。
また、そのシアトルのハブを拡張し、そこからノンストップでアジアに行くルートを増加していきます。
デルタ航空は、今年の10月26日に東京(成田) – 香港と名古屋 – マニラ路線を廃止。
シアトルから香港へのノンストップ便を提供する予定。
機体規模も見直される予定。
9月30日より現在ボーイング747型機で運航されている、東京/成田〜アトランタ線をボーイング777-200型機と入れ替え。
東京/成田〜ロサンゼルス線でも計画。
名古屋/中部〜デトロイト線ではエアバスA330-200型機と入れ替え。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です