スポンサードリンク

シティーカード

CITIGOLD
国際ブランドのVISAかMasterCardから選ぶ。但し、プラチナカードになるとVISAに限られる。
プロパーカード
カードのラインナップは以下の通りで、その他に提携カードが
プラチナカード、ゴールドカード クラシックカードにあります。
シティ プラチナカード
シティ ゴールドカード
シティ エリート
シティ クラシックカード
シティ スチューデントカード
提携カード
ノースウエスト/シティ ワールドパークスVISA(クラシック、ゴールド、プラチナ)
MTVシティカード(ゴールド、クラシック)
Amazonクレジットカード
学士会シティ(ゴールド、クラシック)
があります。

シティブランドとVIZA、MasterCardの組み合わせで世界中どこでも対応可能。
加盟店の数も多く、メインカード、サブカードのどちらでも威力を発揮します。
主な特長として
シティ プラチナカードまたはシティ ゴールドカードを提示すると
トラベラーズチェック発行手数料が無料 になります。
シティバンクの口座を持っている場合、シティ プラチナカードまたはシティ ゴールドカードを
持っている場合、月間の維持手数料が無料になります。
ポイントプログラムのポイントには、3年などの有効期限がなく貯められる
提携カードのノースウエスト/シティ ワールドパークスVISAはポイントではなく
ノースウエストのワールドパークスのマイルがたまります。
こちらも実質有効期限はありません。
国内での使用はもちろん、主に海外で使用するとサポート体制やアフターフォローなど
安心感があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です