スポンサードリンク

長距離線エコノミークラス、1位はカタール航空、ANAは3位

長距離線エコノミークラス、1位はカタール航空、ANAは3位
アメリカの旅行専門メディアスキフトが発表した各航空会社の長距離線エコノミークラスを対象とした「The World’s Best Airlines」
審査基準は便数や就航地数、無料受託手荷物量、シートの幅や広さ、ホームページの対応言語などについて比較しているようです。
1位となったのはエティハド航空とカタール航空
3位はANA、トルコ航空、エミレーツ航空になりました。
1位になったカタール航空のエコノミークラスはシート幅は普通ですがリクライニングの角度は他社に比べて若干あるように思います。
機材も新しいものが多くエコノミー席のモニターも大画面で、USBの端子もありますので充電もできます。
無料受託手荷物量も今年は変わりますのでわかりませんが昨年は他社が23Kgの荷物が1個のところ30Kgの荷物1個まで対応します。
機内食もおいしい方になると思います。
昨年の7月に羽田空港からドーハまでの便が就航しました。
金額的に安いので(東京からヨーロッパまで7万円台から)サービスも悪いのかと思われがちですがANAと同じ「5つ星エアライン」に認定されたカタール航空なので世界でもトップレベルのエコノミークラスというのも納得できます。
ちなみに羽田からヨーロッパまで、例えばローマですが
羽田をシンヤ2時ぐらいに出発し約12時間でドーハまで行きます。
乗り換えで2時間
そして約6時間でローマまで行くことになります。
ルフトハンザやANAと比較すると3時間程度多くかかります。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です