スポンサードリンク

ANAマイレージクラブ 特典航空券の新しいルール

ANAの特典航空券の変更点を赤字で記載します。
今までと同じ部分は黒字です。
ANA国際線特典航空券、提携航空会社特典航空券 共通条件
出発地からの必要マイル数が最も高い地点を目的地とします。
ゾーン制に移行したため
出発地を経由して目的地に行く旅程は組めません。また、目的地を経由して別の地点に行くことはできません。
予約のないオープン発券はできません。
出発地と最終帰着地が異なる場合、同一国内であることが必要です。
往路到着地と復路出発地が異なる場合、同一エリア内であることが必要です。
エリア1 北米、中米、南米、ハワイなど
エリア2 ヨーロッパ、中東、アフリカなど
エリア3 日本、韓国、中国、東南アジア、南アジア、南西太平洋など
搭乗日のシーズンは、往路・復路それぞれの搭乗日により決まります。
乗り継ぎのある旅程で、複数のシーズンが含まれる場合は、往路・復路それぞれの第一区間のシーズンが適用になります。
 
また、ご搭乗のクラスが複数ある場合は、往路・復路それぞれに必要なマイル数の二分の一を適用します。
乗り継ぎのある旅程で、複数のクラスが混在する場合は、往路・復路それぞれに上位のクラスを適用します。

日本国内線区間は普通席のみご予約になれます。
世界一周の旅程は、飛行距離の合計から必要マイル数を算出します。
発券日から1年以内に旅行を開始することが必要です。有効期限は旅行開始から1年間になります。
航空券は、航空券に記載された出発からの旅程の順序通りにご使用ください。
(ご使用いただかなかった区間がある場合、航空券は無効になり、残りの区間もご利用になれません。)
ANA国際線特典航空券 提携航空会社特典航空券 利用条件
途中降機は目的地以外に海外発は1回可能です。日本発は途中降機不可です。
乗り継ぎ地で24時間以上滞在可能な回数になります。
24時間以内の乗り継ぎの場合は問題有りません。
ANA国際線特典航空券の場合
今までは3回の滞在が可能でしたが、今後は出来ません。
提携航空会社特典航空券の場合
今までは4回の滞在まで可能でした。
今後は往復でそれぞれ1回ずつになります。
お乗り換えは日本国内で往路・復路各2回まで可能です。
ままでは最大4区間までの区間数の組み合わせは自由でした。
例えば行きに3区間を経由して出発して帰りに1区間を利用する場合などでも対応できました。
今後は最大4区間までは同じですが
区間数が行き2区間、帰り2区間までとそれぞれ2区間になります。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です