スポンサードリンク

ダイナースグローバルマイレージ/ホテルポイント移行 一部参加提携会社終了

ダイナースグローバルマイレージはダイナースのポイントを航空会社やホテルのポイントに移行できるサービスです。
ダイナースクラブでは100円で1マイルになり、他のクレジットカードと同じ移行率ですが、ダイナースプレミアムの場合は2倍になります。
ダイナースグローバルマイレージのメリットは他のクレジットカード会社と比較して移行先が多く、選択肢が多かったことです。
今回、ダイナースグローバルマイレージ/ホテルポイントが移行でlきる一部参加提携会社終了します。
終了は2015年10月1日。
終了対象提携会社へのマイル/ホテルポイント移行は、2015年9月30日(当社受付分)までとなります。
【終了対象提携会社】
アジア・マイル
ブリティッシュ・エアウェイズ
エティハド航空
ガルーダ・インドネシア航空
マレーシア航空
カタール航空
シンガポール航空
タイ国際航空
インターコンチネンタルホテル グループ
カールソンホテルグループ
ホテルでは
インターコンチネンタルホテル グループ/IHG Rewards Club
カールソンホテルグループ/CLUB CARLSON
これからポイントを移行できる先は航空会社では
全日空・ANAマイレージクラブ
アメリカン航空・アドバンテージ
デルタ航空・スカイマイル
ユナイテッド航空・マイレージプラス
大韓航空・スカイパス
アリタリア航空・ミッレミリア
ホテルでは
ヒルトンHオナーズ ワールドワイド/ヒルトンHオナーズ
(ヒルトンHオナーズは10,000ポイント(=10,000ホテルポイント)単位となります。)
マリオット・インターナショナル/マリオットリワード
スターウッドホテル&リゾート/スターウッド・プリファードゲスト
(ただし移行はオンラインではできません。電話での対応になります。)
になります。
移行できなくなるプログラムでブリティッシュ・エアウェイズはJALの国内線を使うのに利用する機会は多くありました。
インターコンチネンタルホテル グループ/IHG Rewards Clubもポイントブレイクなどがありますので、利用価値があります。
その他の航空会社やホテルは個人的には利用することも少なかったので、なくなってもこまりません。
今回残ったのは重要な移行先なので、今後シティカードのように全ての移行先がなくなるとダイナースカードや特にダイナースプレミアムのメリットがなくなります。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です