スポンサードリンク

ユナイテッド航空のプレミア資格の給付率が変わります。

ユナイテッド航空のプレミア資格の給付率が変わります。
ユナイテッド航空の上級会員になるためのプレミア資格取得必要マイル数の給付率を、2016年1月1日から変更になります。
ユナイテッド航空の上級会員になるためのプレミア資格取得必要マイル数(PQMs)はマイルの給付率と違って、格安航空券でも飛行マイルに対して100%です。
エコノミークラスの普通運賃以上のビジネスクラスなどは150%になります。
今回、エコノミークラスの普通運賃以上の給付率が変更になって改善されています。
エコノミークラスの普通運賃は150%のまま
ビジネスクラスやファーストクラスのディスカウント料金には200%
ビジネスクラスやファーストクラスの普通料金の場合には300%
日本からニューヨークなどの長距離にビジネスクラスやファーストクラスの普通料金で搭乗すると1回の往復でゴールドプレミア会員になるための必要プレミア資格にちょっと足りない程度です。
この給付率はスターアライアンスの他の航空会社に乗ってマイルをユナイテッド航空につけた場合も同じになります。
なので世界一周のビジネスクラスに搭乗すると29000マイル以下の予約でゴールドプレミア会員になれます。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です