スポンサードリンク

共同運航を認可しない エティハド航空とエアベルリン

ドイツの裁判所で共同運航を認可しないという判決がでたエティハド航空とエアベルリン。
一見日本には関係ないように見えますが、エティハド航空の運賃を調べるときにドイツに行く場合に、エアベルリンの機材にコードシェアしています。
日本からの航空運賃が7万円程度からあるエティハド航空。
最安でヨーロッパまで行く場合の候補になりますが共同運行が認められないとドイツ行きのスケジュールが変更になる場合があります。
エティハド航空はアライアンスに参加せず、独自のネットワークを形成しています。
その場合はエティハド航空が対象の航空会社に出資してパートナー関係を結びます。
いわゆるエティハド・エアウェイズ・パートナーズになり、ドイツのエアベルリンインドのジェットエアウェイズやイタリアのアリタリア航空などが加盟しています。
アライアンスに参加せずにパートナーを結ぶ方法は1時期のJALに似ていますが、出資していますのでより強固な結びつきです。
今回の判決でエティハド航空としては出資した意味が無くなりますので、当然控訴すると思います。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です