スポンサードリンク

個人旅行の場合のプランニング

旅行のプランニングと一口に言っても航空会社や運賃、運行スケジュール、ホテルの選択から一つの場所で滞在するのか、移動するのか、その場合の移動手段など考えることは沢山あります。
経験上、手配するのに1番時間がかかるのは航空券の手配です。
それさえ決まれば、他のことはそれ程時間をかけなくても手配できます。
航空会社の種類と行き方、運賃の組み合わせは多岐にわたります。
例えば日本からヨーロッパに向かう場合に直行便があります。
東京などからヘルシンキ、フランクフルト、ミュンヘン、パリ、ロンドン、ローマ等に直接行けるので所要時間は10時間から12時間程度までになり、予定を組み立てやすいと思います。
複雑なのがヨーロッパまでの経由便で、これはヨーロッパの直行便が運行していない空港やフランクフルト行きなどでも運賃が安い場合に使うことになります。
経由地として考えられるのがソウル、香港、バンコク、シンガポール、モスクワ、北京、上海、ドーハ、ドバイ、アブダビ、モスクワ、ヘルシンキ、フランクフルト、ミュンヘン、パリ、ロンドン、その他にも有りますが非常に多く、空港での接続時間と所要時間も違います。
接続時間をいれて17時間から長い行程になると36時間などもあります。
日程が少ない場合は割高でも直行便を選択する必要があり、日程に余裕がある場合は経由便で経由地の観光などを考えるのも良いと思います。
個人旅行を考えた場合の滞在都市は1箇所が望ましいと思います。
若しくは、せいぜい2都市まで
例えば8日間の行程で旅行をする場合でもヨーロッパやアメリカなどの場合滞在できるのは5泊程度になります。
2都市までなら2日と3日で観光が出来るので1都市に比べると慌ただしいのですが、きちんと観光も出来ると思います。
ヨーロッパで2都市なら飛行機でローマとパリなど、列車ではローマとフィレンツェなど
アメリカではロサンゼルスからサンフランシスコやラスベガス、サンディエゴなど
所要時間で1時間30分程度で移動できる場所が望ましいと思います。
アメリカやヨーロッパに比べて、東南アジアのバンコクなどやハワイ、グアムなどの旅行の計画は楽です。
日本から行く場合の飛行機に関して選択肢が少なく、価格の差も少ないように思います。
個人旅行に慣れないうちは東南アジアなどで何回か経験をして、ヨーロッパやアメリカに行くようにした方が良いかもしれません。
だいたいの主要都市には直行便があり、そこからリゾートなどに行く場合の乗り継ぎも楽です。
ハワイを除いて時差が少ないのもプランを立てやすく、少ない日数で旅行に行けます。
旅行の場合、行き先によって滞在の仕方も変わります。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です