スポンサードリンク

ホテルの上級会員になってアップグレードを受けるためには

ホテルの上級会員になお得に思うのはROOMがアップグレードされてスイートルームに1番安い料金で予約しても宿泊できることです。
ただし、どのホテルプログラムでもスイートルームにアップグレードされるかというと、それは1部のホテルプログラムだけです。
その他のホテルプログラムでも低層階の安い部屋を予約していても、だいたいは上層階の景色の良い部屋にアップグレードされます。
それは東京やニューヨークなどのホテルの価格が高い都市でも同じです。
経験から言って最もスイートルームにアップグレードされやすいホテルプログラムはスターウッドになると思います。
その他のマリオットホテルやヒルトンホテルでも何度かスイートルームになったことはありますが、回数は少ないと思います。
他のIHGリワードクラブやアコーホテル、ホテルオークラなどは上層階の部屋にはなりますがデラックスルームなどになることが多いと思います。
スターウッドの場合、最上級会員のプラチナ会員の場合はスイートルームになる機会は多く、今後はマリオットホテルとの合併で判りませんがお勧めのホテルプログラムです。
そこで本題ですが今まで数多くホテルを利用してアップグレードされる時の共通項を考えてみました。
若干国によって違いますが先ず最も重要なのは1泊での宿泊です。
どうしても旅行の際に宿泊する時は連泊で考えます。
出来れば同じ部屋で旅行期間中は過ごしたいものです。
しかし、その場合にスイートルームへのアップグレードは1部の例外を除き期待しない方が良いと思います。
アップグレードはあくまでホテルの好意によって行われますので、当日1日だけであればスイートルームに空きがあるかどうかは確実に判断できますが、その期間が長いと途中でスイートルームに予約が有るかもしれません。
そういったことを考えるとホテルの部屋を割り振りするときに(部屋の割り振りをすることをアサインといいます。)連泊の場合はスイートルームを避ける傾向になります。
ちなみに部屋のアサインは予約時に確定するわけではなく、前日の夜の間に決定することが多いと思います。
次に部屋のタイプですがキングサイズのベットを予約します。
これは、欧米では特にそうですがスイートルームにはキングベットのタイプが多いためです。
もちろんツインもありますが、数は少ないように思います。
アップグレードを考えるときはベットタイプは重要です。
アサインを考えるときに2人で宿泊する際には関係性が判らないのでツインベットの予約の方をキングサイズ1つの部屋にはアサインはしないと思います。
1人で宿泊する際でも部屋の料金がツインルームの方が安く、そちらを予約して当日フロントに行くと人数を確認されて1人と答えると用意している部屋はツインを用意しているが、キングベットの部屋を用意するか聞かれます。
そして1人で宿泊する。
今までも家族で宿泊する際などにスイートルームにアップグレードされることは数えるほどしか無く、1人で宿泊する機会が多いこともありますが、圧倒的に1人で宿泊するときにアップグレードを受けています。
人数が多いときこそスイートルームになったらと思うのですが、実際はそうではないようです。
実際、1人で宿泊する際はスイートルームだと部屋での移動距離が長く不便なので正直スイートルームへのアップグレードは必要ないと思いますが、人数が居るときにはスイートルームへのアップグレードは嬉しいです。
スターウッドやハイアットは上級会員になるとスイートルームへのアップグレード券がもらえますので、当日でなくても確実にスイートルームへのアップグレードが受けられるか確認できるのは嬉しい特典です。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

小さい文字

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です