スポンサードリンク

国内線の特典航空券について

国内線をマイルを使って特典航空券で旅行される方も多いと思います。
当然、JALやANAにマイルを貯めて利用される方は多いと思います。
その他にユナイテッド航空のマイレージプラスやブリティッシュ・エアウェイズのExecutive Clubのマイルを使って旅行される方も増えていると思います。
それぞれ長所と短所があります。
日系のJALやANAはマイル数が他の航空会社に比較して多く必要です。
その点、単純な往復で考えるとユナイテッド航空は10.000マイル。(距離にはよりますが福岡~羽田など)
ブリティッシュ・エアウェイズは区間マイル数が650マイルまでの区間であれば9.000マイルで特典航空券を予約する事はできます。
ユナイテッド航空の場合は羽田を経由して乗り継ぎの場合でもマイル数は変わりません。
そういったことを考えるとユナイテッド航空が使いやすいと思うのですが21日前から発券手数料で一人につき8.000円近く必要になります。
それ以前に旅行の計画を立てる場合には問題にはなりませんが、急な予定には費用がかかります。
そして、急な予定の場合はJAL、ANA、ユナイテッド航空が共に4日前までの予約が必要です。
なので、その期日を過ぎると予約する事ができません。
その点、便利なのがブリティッシュ・エアウェイズのExecutive Clubです。
ブリティッシュ・エアウェイズのExecutive Clubの場合はフライトの24時間前まで予約を受け付ける事ができます。
予約もホームページからおこなう事ができます。
費用もユナイテッド航空のように必要ありません。
また、ブリティッシュ・エアウェイズで特典航空券を予約する場合に注意する事があります。
特定の1日の便数が多い例えば羽田~大阪、羽田~札幌などの場合、便に空席があっても夕方までの便しか表示されません。
JALの飛行機を使用するのでJALの特典航空券の空席を調べると、それ以降にも空席がありますがホームページ上では予約する事ができません。
そういった場合は、電話で予約をおこなうと予約する事ができます。
通常であれば電話で予約すると2.100円の手数料が別途必要になりますが、システム上の事なので費用はかかりません。
なのでトータルで考えるとブリティッシュ・エアウェイズがマイル数や使い勝手も最も良いと思います。
ただし、ブリティッシュ・エアウェイズの場合、マイルを貯めようと思ったらフライトで貯めるか、もしくはアメリカンエキスプレス、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードなど限られたクレジットカードしかない事です。
その点はユナイテッド航空の方が選択肢が多いと思いますし、JALやANAはフライトやクレジットカード以外にも日常の中でマイルを貯める事ができます。
座席指定に関してはJALやANAはオンラインで指定できます。
ブリティッシュ・エアウェイズの場合はJALのデスクに電話するか、チェックインの時になります。
ユナイテッド航空の場合はANAの国際線のデスクで対応する事になります。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

小さい文字

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です