スポンサードリンク

ボーナスマイル

前回、ANAの上級会員になるために必要なプレミアムポイントを説明しました。
今回はフライト時に貯まるボーナスマイルについてです。
苦労して上級会員になったメリットは数多くありますが、ボーナスマイルはステイタス毎に加算率が違います。
ダイヤモンドメンバーは125%アップ、プラチナメンバーは100%アップ、ブロンズメンバーとANAスーパーフライヤーズカードはそれぞれ50%アップとなります。
実際に成田からニューヨークなどに行く場合、通常のマイレージ加算が搭乗クラスにもよりますが、正規割引運賃でやく10,000マイレージ近くになります。
プラチナメンバーであればさらに10,000マイレージが加算になります。
現状では燃料サーチャージが原油価格の高騰で負担が増加しており、10月から12月までの搭乗であれば正規割引運賃の安い設定で12万円前後になると思います。
搭乗すると約20,000マイレージが加算されます。
20,000マイレージあればソウルなどの航空券に交換することが出来ます。
金額的に安くても4万円前後はしますので、単純に考えてもニューヨークまで約8万円ほどで行くことが出来ます。
もちろん燃料サーチャージが下がるに従って、さらにお得になります。
ANAスーパーフライヤーズカードの加算率は50%になりますので同様の条件で15,000マイレージになり、国内旅行などに利用できるマイレージが貯まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です