スポンサードリンク

ANAスーパーフライヤーズカードとプラチナサービスの違い

よくANAスーパーフライヤーズカードと上級会員であるプラチナサービスがほぼ同等と言われていますが、実際の違いはどんなと事があるか調べました。
前回に書いたボーナスマイル。
アップグレードポイント。
先行予約数の違い。
搭乗席の指定優先度
などがあります。

ボーナスマイルは前回書いたので省略します。
アップグレードポイントとは
1区間につき1ポイントでANA国内線プレミアムクラスを利用できます。
当日該当する便の空港にて承ります。
1区間につき2ポイントでANA国際線でのアップグレードを利用できます。(航空券の違いにより利用できない事が多い)
というものですがANAスーパーフライヤーズカードは2ポイント プラチナサービスは6ポイントもらえます。
国際線の利用は難しいのですが、国内線であれば利用機会は多いと思います。
先行予約数の違いと搭乗席の指定優先度に関しては、上級会員でもダイヤモンドメンバー、プラチナメンバー、ANAスーパーフライヤーズカード、ブロンズメンバーの順に優先度が違うので、とれる席数にも違いがあります。
ただ上記のような違いがありますがスターアライアンスのなかでは同じゴールドメンバーになり、年会費を支払う限り、ほぼ同等のサービスを受けられるので、メリットは大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です