スポンサードリンク

ダイナースクラブカードで電気料金や税金・ふるさと納税のポイント付与率が半分になります。

会社がシティカードから変わったのが昨年の年末ですが、それからサービスの低下が話題になるダイナースクラブカード
今回、電気料金や税金・ふるさと納税のポイント付与率が半分になります。
もともと税金関係はYahoo!公金支払いが適用できますがその他対応できるものが少なかったので、影響は少ないと思いますが電気料金のポイント給付率が半分になるのは大きいと思います。
ダイナースクラブカードには年会費2000円で作成できるビジネスアカウントカードがあります。
このビジネスアカウントカードは事業をされている方の経費分が会社の口座から引き落としされますので事業をされている方は電気代などの支払いに充てていました。
事業をしていると電気代は家庭の使用分とは比べ物になりません。
毎月の支払いで必ず発生しますのでダイナースカードを持っていると電気料金を引き落としする方も多いと思います。
変更は8月20日から。
ダイナースクラブカードは昨年からポイント移行先の航空会社やホテルが激減になり、残った航空会社に対しても年間の移行上限を設けられたりと、ダイナースクラブカードをよく使う人に対して、制約になるようなサービス改悪を行ってきました。
それに対して新しいサービスや特典などは全くと言っていいほどありません。
これでは、有料会員と言われているダイナースクラブカードをメインで使用していた会員がどんどん他のカードなどに流出していくと思います。
通常のダイナースクラブカードならサブで持てる人はいいのですが、ダイナースプレミアムカードにかんしては年会費が15万円以上なのでアメックスプラチナカードなどに流出していくと思います。
そんなダイナースクラブカードに興味のある方は
ダイナースクラブ
をご覧ください。

それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です