スポンサードリンク

エティハド航空について

アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビを拠点とするエティハド航空。
2003年11月の初就航以来急成長を遂げて有力航空会社の1つになっています。
エティハド航空に、エミレーツ航空、カタール航空の3社は「中東の翼」と呼ばれてここ数年の拡張は他の航空会社とは大きく違いました。
その中でエティハド航空は、東京/成田〜アブダビ線と名古屋/中部〜北京〜アブダビ線を就航していてヨーロッパなどに乗り継ぎで各都市に就航しています。
今年の7月にはファーンボロー・エアショーで発表されたスカイトラックス・ワールド・エアライン・アワードでエティハド航空をANAなどと同じ最高評価の5スターに認定しました。
日本からヨーロッパまでの航空運賃も最安の部類に入りますので人気の航空会社です。
しかし、エティハド航空に関しては今年後半になってからネガティブなニュースが流れています。
今まで拡大していた路線を縮小しています。
先日も人員削減を開始し、その規模は1000人前後から3000人となる見込みというニュースも流れました。
しかもエアベルリンやアリタリア航空など、経営不振の航空会社の株式も保有していいます。
先日もアリタリア航空の経営がさらに悪化していると言われています。
エティハド航空はサービス面でも預入手荷物の無料分が縮小されたり、エティハド航空に搭乗した際にANAのマイレージに加算できましたが、今後は日本からの発着便のみが加算になります。(成田からアブダビ、名古屋から北京など)
今後は乗り継いでヨーロッパなどに行く場合にはエティハド航空にマイルを加算することになります。
エティハド航空はアライアンスに加盟しないで独立した航空会社のグループといろいろな航空会社と個別の提携を行っています。
日本でエティハド航空に搭乗するビジネスクラスやエティハド航空の上級会員はANAのラウンジを利用できます。
来年にはエティハド航空とルフトハンザドイツ航空は2017年1月から、アブダビ~ドイツ路線、フランクフルト~南米路線でコードシェアを開始します。
成長していたときは問題が少ないと思いますが世界的な景気後退による市場の縮小の中では独立していては限界があると思います。
ワンワールドに加盟したカタール航空のようにエティハド航空に関してもスターアライアンスに加盟しないのかと思います。
そんなエティハド航空ですがサービスの質は高いので搭乗する分には価格とサービスを考えるとお得です。
エティハド航空は年末セール – アブダビ往復46,290円からセールを行っています。
エティハド航空で年末セール – アブダビ往復46,290円はこちらから
予約期間は2017年1月3日まで
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です