スポンサードリンク

アメリカで導入のベーシックエコノミー

ユナイテッド航空やデルタ航空に続きアメリカン航空でも、ベーシックエコノミー運賃を発表しています。
ベーシックエコノミーは、エコノミークラス運賃の中でも制約の多いカテゴリーになります。
ベーシックエコノミーはLCCに対抗して通常のエコノミークラスよりも安価に購入できる運賃クラスになります。
座席は通常のエコノミークラスになります。
航空会社によって若干の違いはありますが、座席指定ができない(もしくは有料)、手荷物は座席の下のみで上の収納スペースは利用できない。
などの制約があります。
アメリカン航空も似たような運賃を発表しましたがユナイテッド航空のベーシックエコノミー運賃さらに制約が多くなりそうです。
ユナイテッド航空ベーシックエコノミーの内容は
座席を事前に決定することはできません。チェックイン時に座席の割当は自動的に行われます。
ということは同乗者との相席や通路側、窓側などの希望も反映されないようになります。(別途有料になります。)
機内に持ち込める手荷物は通常キャリーバックのなどの他にリュックやカバンも持ち込みできましたが、ベーシックエコノミー運賃では座席下に入る荷物1個までなのでキャリーバックなどは持ち込みできません。
ただし、ユナイテッド航空の上級会員,提携クレジットカード保有者(日本のクレジットカードはわかりません),スターアライアンスゴールドメンバーは除外されます。
航空会社の都合による以外のチケットの変更はありません。
マイレージプラスの会員は、設定されたアワードマイルを獲得できます。
ただし、上級会員になるためのマイル、セグメント、または購入金額に応じたポイントはもらえません。
生涯マイルも積算されません。
エコノミープラスまたはプレミアムキャビンのアップグレードの対象となりません。
搭乗は最後のグループになります。
ただし、ユナイテッド航空の上級会員,提携クレジットカード保有者(日本のクレジットカードはわかりません),スターアライアンスゴールドメンバーは除外されます。
アメリカン航空のベーシックエコノミー
ユナイテッド航空と基本的と同じく,上の収納スペースは使用できません。
もし、荷物がある場合は有料になります。
座席の指定は有料ですが可能になります。
それ以外はチェックイン時に割り振られます。
アメリカン系の航空会社が導入し、内容は違いますがブリティッシュ・エアウェイズとルフトハンザドイツ航空など欧州のキャリアやデルタ航空は追従する可能性があります。
ヨーロッパ系や日本国内線ではそれほどではありませんが、アメリカ国内線を利用するとエコノミー席の持ち込み荷物の量は非常に多く、荷物を収納するのはパズルのように非常に困難です。
その為、すべての荷物が収納できるまで出発できず、大幅に遅れることがあります。
今回のベーシックエコノミーは利用するかどうかは別ですが、そういった問題の緩和にはなりそうです。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

小さい文字

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です