スポンサードリンク

ユナイテッド航空のマイレージプラスプレミア ステータスマッチ

ユナイテッド航空のマイレージプラスの上級会員になれるプレミア ステータスマッチが2017年も継続されます。
ここ何年か継続されているユナイテッド航空のマイレージプラスステータスマッチ。
以前はアメリカ系の航空会社が対象でステータスマッチの対象はアメリカン航空とデルタ航空でしたが今年のステータスマッチはアメリカ系には限定されないようです。
ユナイテッド航空はスターアライアンスの主要航空会社なので今回のステータスマッチにはスターアライアンスに加盟している航空会社は除外になります。
除外といっても、スターアライアンスの上級会員は共通のサービスを受けることができますので、ユナイテッド航空の上級会員になることはユナイテッド便に搭乗することがない限り、あまり必要ではありません。(ユナイテッド航空に搭乗数する場合は感覚の広いエコノミープラスに搭乗できます)
ステータスマッチに関してはステータス元のステータスに応じで給付されると思いますが、審査があるため会員によっては若干違うかもしれません。
ユナイテッド航空の最上位上級会員クラスの1Kは今回のステータスマッチの対象外になります。
今回のステータスマッチで上級会員になれるのは90日間になります。
この90日間にそれぞれ上級会員に応じた飛行マイル(PQM)か飛行回数(PQS)が必要になります。
その条件をクリアすると達成した時期によって6月までに達成した場合は2018年1月
それ以降、今年中に達成した場合は2019年1月までの期間延長になります。
条件はユナイテッド航空またはユナイテッド・エクスプレスの運航便が対象なので日本の会員は飛行回数でクリアするのは難しい現状です。
なので90日内に国際線に搭乗する必要があります。
更新条件は
プレミアシルバーは7,000PQMまたは8PQS
プレミアゴールドは12,500PQMまたは15PQS
プレミアプラチナは18,000PQMまたは22PQS
プレミアシルバー会員でハワイ往復。
プレミアゴールド会員で西海岸往復。
プレミアプラチナ会員で西海岸2往復。
などの旅行が必要になります。
プレミアプラチナ会員の場合は条件をクリアした時点で国際線のビジネスクラスにアップグレードできる権利が1回分給付されます。
本来のプレミアプラチナ会員になるための条件をクリアするとあらにもう1回分が給付されます。
今回のステータスマッチには除外される条件があります。
過去5年間の間にステータスマッチによるユナイテッド航空上級会員になっていない方が対象になります。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

小さい文字

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です