スポンサードリンク

2017年 マイレージ・ホテル・クレジットカード10大ニュース

本当は2017年中に掲載するのが当たり前の2017年10大ニュースです。
すこし遅れましたが考えてみたいと思います。
10大ニュースと言っても内容は個人的な基準になり順位は不同です。
1、ワンワールドに加盟していたエア・ベルリンの倒産
今までも航空会社の倒産は数多くありました。
しかし、再生する前提での倒産が多く、マイレージプログラムに関しては多少の変化はあって使いづらくなる事はありましたが、マイルがなくなるということはありませんでした。
しかし、エア・ベルリンの倒産でそれが現実になりました。
2、カタールの中東諸国との断交
実際には影響は少なかったのですが、カタール航空はメインで利用している航空会社でしたのでこのニュースが流れたときにはどうなるかと思いました。
3、中東からアメリカへの渡航時にパソコンなどの持ち込み禁止
これも中東関係ですが、その内容が世界に波及するのか非常に気になりました。
4、てるみくらぶが破産
旅行代理店の破産は驚くことではないかもしれませんが、海外に渡航している利用者に対して自力で帰国するような対応は今まで聞いたことがありませんでした。
5、アメリカン航空などアメリカ系の航空会社が本格的なプレミアムエコノミーを導入
すでに昨年は2度ほどアメリカン航空のプレミアムエコノミーを利用していますが、座席は勿論のこと食事もエコノミークラスとは違う内容でした。
満足度は他のプレミアムエコノミーよりも高いと思います。
6、ハイアットゴールドパスポートは、2017年3月1日にWorld of Hyatt
ハイアットゴールドパスポートは名称がWorld of Hyattに変更するだけではなく上級会員になるための条件が非常に厳しくなりました。その他にキャンペーンも少なくなり、非常に魅力が減ったホテルプログラムに。
実際、上級会員は減少し続けているようです。
7、カタール航空の上級会員ポイントの低下
カタール航空の上級会員になるためのポイントが格安航空券では今までの半分になりました。
アメリカン航空などを利用した際のポイントも低下しています。
メインで使用している航空会社なので影響は大きいです。
それでも、上級会員にはなりやすい航空会社のうちの一つです。
8、羽田空港の昼間発着枠の増加
羽田は国内線からの乗り継ぎが便利なので出発便が増えるのは利便性が高いと思います。
昼間の出発が増加しましたので便利になります。
特にハワイやアメリカ方面は選択肢が増えました。
9、ステータスマッチの増加
航空会社やホテルの他にレンタカーなどのステータスマッチが増えました。
先に挙げたエア・ベルリンの倒産の関係で同じワンワールドに加盟している航空会社の他にルフトハンザ航空などがステータスマッチに対応していました。
10、2016年以上のさらなるマイレージの環境悪化
全体的なことになり、上に上げたニュースにも関連はありますが2017年は2016年ほどではありませんがマイレージの環境が悪化しました。
マイル給付率の低下や上級会員になるためのハードルの上昇。
クレジットカードからのマイルへの移行の上限の設定や交換レートの悪化
特典航空券に必要なマイルの増加。
毎年、同様の内容は多少ともありますが今年の変化も大きかったと思います。
あくまで個人的に影響の受けた内容なので違う方では違う10大ニュースになると思います。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です