スポンサードリンク

IHGリワーズクラブ 無料宿泊のポイント数に関係する特典カテゴリー変更

IHGリワーズクラブの無料宿泊に必要なポイント数はホテルブランドに依存せず、ホテル毎に設定されています。
ホリディインでも30,000ポイントのホテルもあればクラウンプラザホテルで20,000ポイントで宿泊出来るように設定されている場合もあります。
今回、無料宿泊に必要なポイント数が多くのホテルで増加しました。
日本のホテルも対象になっています。
特典カテゴリー変更日に関しては今のところ明記されていませんので、いつから対象になるかは不明です。
また、IHGリワークラブは無料宿泊に必要な1泊あたり70,000ポイントの新しいポイント数を導入し、多くの人気のあるインターコンチネンタルホテルがそのカテゴリーに移動します。
新しい特典カテゴリーはこちらで確認出来ます。
日本で影響を受けるホテルとポイント数は
ホリデイイン大阪難波 30,000ポイントが40,000に
ホリデイイン – ANA仙台 10,000ポイントが15,000に
インターコンチネンタル – ANAザストリングス東京 50,000ポイントが55,000に
クラウンプラザ – ANAホテルグランコート名古屋 20,000ポイントが25,000に
インターコンチネンタル大阪 50,000ポイントが 60,000に
クラウンプラザ – ANA大阪 25,000ポイントが 30,000に
インターコンチネンタル – ANAマンザビーチリゾート 60,000ポイントが 70,000に
インターコンチネンタル – ANA石垣リゾート 50,000ポイントが60,000に
今回の変更で多くのホテルの無料宿泊に必要なポイント数は増加しています。
インターコンチネンタルホテルの無料宿泊に70,000ポイントが増えたことによって、ポイントを使ってインターコンチネンタルホテルに宿泊するときの費用対効果はさらに悪くなってしまいます。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です