スポンサードリンク

デルタ航空でメダリオン公式ステータスマッチチャレンジの内容が変更されました。

デルタ航空で他の航空会社の上級会員からメダリオンの上級会員に少ない回数やマイル数で到達できる公式ステータスマッチチャレンジ。
デルタ航空のメダリオン公式ステータスマッチチャレンジに若干の変更がありました。
競合する航空会社のマイレージプログラム上級会員を対象に、デルタ航空は公式キャンペーンを通じて、同等のデルタスカイマイル上級会員レベルにステータスを一致させるプログラムがあります。
ステータスマッチで得たステータスを維持するためには、試用期間中に一定のフライトを行う必要があります。
以前はマイル数か回数をクリアするだけでしたが、今回の変更でデルタ航空での航空券購入金額も条件になるようです。
同じスカイチームからのステータスマッチには対応していない可能性がありますが、スターアライアンスやワンワールドからは問題なくステータスマッチに対応すると思います。
デルタスカイマイルズのステータスマッチプログラムがこちら
デルタ航空でメダリオン公式ステータスマッチチャレンジの内容が変更されました。
シルバーメダリオン:6,250 MQMまたは8 MQS、750 MQDまたはMQD免除
ゴールドメダリオン:12,500 MQMsまたは15 MQSおよび1,500 MQDまたはMQD免除
プラチナメダリオン:18,750 MQMsまたは25 MQSおよび2,250 MQDまたはMQD免除
アメリカのスカイマイルズの会員は、デルタステータスのチャレンジを完了するためにデルタ航空での航空券購入金額が必要です。
デルタ航空はアメリカ以外の会員には通常、購入金額の条件は適用されていません。
今回のメダリオン公式ステータスマッチチャレンジでもMQDが免除されることが記載されていますので、日本の会員も以前のままの条件になると思います。
デルタ航空はステータスマッチで上級会員レベルをプラチナ(最上位のダイヤモンドレベルはマッチングされていない)まで提供します。
その後、3ヵ月間に決められたフライトと購入金額をクリアする必要があります。
ステータス・マッチ・キャンペーンに参加する航空会社のリストがありますが、リストに無い航空会社も申請が可能です。
デルタ航空で他の航空会社の上級会員からメダリオン公式ステータスマッチチャレンジ
プラチナステータスを延長するための 3ヶ月以内にフライト要件が今後の旅行では高すぎると思われる場合は、下位レベル(プラチナの代わりにゴールド)に一致させるように常にリクエストすることができます。
もちろん、これに参加するための基本的な条件がいくつかあります。
以下の基準をすべて満たしている場合、ステータスマッチチャレンジに参加する資格があります:
過去3年間でステータスマッチまたは無料メダリオンステータスを取得していない
現在 メダリオン会員ではない
他の航空会社の上級会員になっている
有効な現在の上級会員のカードと 、上級会員のステータスページの両方を提示することができる
これは通常のステータスマッチでも必要な事項です。
すべての基準を維持している場合は、Webフォーム(ここにアクセス)を利用して資格情報を提出することができます。
長距離のフライトの場合、日本からアメリカ往復でも基準を満たすことが出来ると思います。(一部地域を除く)
3ヶ月以内に18,750MMMを達成する必要があります。
デルタ航空の上級会員になるとデルタ航空での優待の他にスカイチームでも優待されます。
特にエリートプラスのステータスは、他のスカイチームの航空会社に搭乗するときにもラウンジのアクセスを含む特典があります。
デルタ航空のステータスマッチは頻繁に行われています。
特にアメリカ系の航空会社からのステータスマッチは常時行われています。
それ以外の航空会社の上級会員は3年間ステータスマッチを行っていない場合はチャレンジしてもいいと思います。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です