スポンサードリンク

日本通信とH.I.Sが共同で海外向けのSIMを発表

日本通信とH.I.Sが共同でH.I.S.Mobile始めると言うことで、最初は国内向けの格安SIMを展開するようですが、2018年5月1日より海外渡航時に使えるサービスを提供開始予定とのことです。
今のところ「海外70か国を対象にデータ通信料が1日最低500円」となるサービス内容でSIMフリーのスマートフォンは必要ですが、現状の海外向けのサービスと比較すると非常に安いのと、複数の国に行ってもSIMの差し替えなどは必要ないなどのメリットがあります。
データ通信量は最低で1日200MBになり、利用料金は500円になります。
1日で複数の国で通信をすると、利用した国の分だけ料金が発生するので注意が必要です。
この海外プランは国内向けのH.I.S. モバイルサービスを契約していなくても利用できるようで、料金はプリペイド式になり、チャージした金額の中から料金を支払いするので、使いすぎや高額請求もないようです。
アメリカに限定するなら、割高にはなりますがプリペイドで通信を契約するか
アメリカのプリペイドスマートフォン AT&Tの「GoPhone」や「Cricket」
Apple Simを利用した接続も非常に安いので(5ヶ月間有効で5GBで10USD)
アメリカでのインターネット接続について
があるのですが、単発の旅行に向かなかったり、対応するApple製品を持つ必要があったりと、全ての人が利用できるわけではないので、少しでも安く海外で通信が出来るのは非常に魅力的です。
中国などでは、同様のサービスは何社かあり、ヨーロッパなどでも中国からの旅行者はデーター通信や通話を気軽に使っているようなので、日本でも同じようになってほしいと思います。
今回の日本通信とH.I.Sの海外向けのサービスがどういったモノになるのか詳細は未だわかりませんが、ヨーロッパの複数の国で対応するのなら購入も考えたいと思います。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です