スポンサードリンク

スターウッド、マリオットとヒルトンのスマートフォンを利用したモバイルチェックインについて

スマートフォンのアプリも最初は機能も限定されて、利用できるサービスもあまり多くはありませんでした。
バージョンアップを行う中で予約や空き状況の検索など基本機能の他に宿泊の当日にスマートフォンのホテル専用アプリから到着前にチェックインが出来る機能に対応しています。
実際に何度か使用していますがスターウッドとヒルトンでは使い勝手に違いがあります。
モバイルチェックインにを利用して出来ることとして2つの違いは部屋の選択を出来ることです。
ヒルトンホテルは事前にチェックインが出来るほかに部屋の選択が出来ます。
モバイルアプリからチェックインを行うと違う階層ごとに候補が5ルームほど表示されます。
低層階から高層階まで部屋の向きの海側や山側や部屋も間取りや向きも判りますので、その中から好みの部屋を選択することが出来ます。
それに対してスターウッドのモバイルチェックインは
スマートフォンのアプリを使ったチェックイン/チェックアウトサービスは「SPG Mobile Check-In」といいます。
日本国内でもシェラトンやウェスティンホテルの一部で利用できます。
宿泊当日、モバイルアプリに事前チェックインが出来る旨のメッセージが表示されます。
チェックイン当日は朝8時以降にスマートフォンのアプリでチェックインし、ホテルへの到着予定時刻などを送信します。
モバイルチェックインを行うとチェックインが出来たと表示されるだけで、部屋番号もルームタイプも判りません。
そして、到着時にはフロントにお越し下さいと表示されます。
これでは、通常のチェックインと殆ど変わらない状態です。
モバイルチェックインに関してはヒルトンホテルの方が使いやすいのが現状です。
一方、マリオットホテルに関しては
今までもモバイルチェックイン・チェックアウトや、部屋の準備ができた際に通知する「ルームレディアラート」に加えなどの機能はありました。
前回のアップデートでさらに部屋のアップグレードリクエストを簡単に行うことができるようになりました。
また、上級会員であるゴールド・プラチナ会員はレイトチェックアウトのリクエストも送ることができます。
実際に試したことはありませんが世界500軒以上のホテルにモバイルルームキーを導入し、フロントでの手続きを行うことなく、部屋へ向かうことができるようです。
スマートフォンを利用したキーレスは今後も増えると思いますが、世界と日本では規格が違う部分もあり、完全に対応出来るかは判りません。
スターウッドではスマートフォンのBluetooth通信機能を使って部屋の解錠を可能にしているようなので、まだ海外に展開しているアロフトなどのホテルブランドで展開していますが、その内容では規格は関係ないので対応可能になると思います。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です